余裕があるから

昔は逆サイドまでチェストパスが届きませんでした。たぶんその時は片方のサイドだけでバスケしてたと思います。どんまい。

エックスミト

今日は前回の記事の続き的な内容です。シュートを確実に決めきることができるというのは、ある程度余裕があるからできることです。

ノーマークのシュートを落とさず確実に決めるには、ノーマークじゃなくてもシュートを決めるだけの力があることが前提です。いつもはディフェンスと駆け引きして、ディフェンスをかわしながらシュートを決めなきゃいけないんだから、ノーマークなんて超余裕だぜ。そんな感じだから、簡単に、かつ確実にシュートを決めることができるわけです。

ちょっと前に「基準」の話をしましたが、ディフェンスをかわしながらのシュートを確実に決めるっていう基準を持っているから、ディフェンスをかわさなくてすむシュートは超余裕ってなるわけです。そういう基準で練習しなきゃいけないってことです。

誰かにいかされるのではなく、誰かをいかすことができるっていうのも同じです。1対1(の状態)に余裕があるから、周りをいかせるわけです。それができることを目指して練習していかなきゃいけない。

余裕を持つためには、めちゃくちゃたくさん練習をしなきゃいけないってことは誰でもわかると思います。たくさん経験しているから余裕が生まれるんですよね。だからバレーボールとかしてるヒマはないのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ