経験すること

少し前に書いて公開してなかった記事がありましたので今日はそれで。

最近は「経験」の大切さを実感する場面が多いです。少し前にはタイガと「これまで何試合も経験してきて、やっと県大会でも浮足立たずにできるようになってきた」という話をしたばかりです。

h20140514

未知のものに対しては恐怖心を抱いてしまったり、体験したこと無い場面に立つと緊張してしまったりしますが、一度経験してみるとそういうものは少なくなります。何度も経験すればいずれ無くなります。「知る」ことによって余裕が生まれるからです。最初はがむしゃらにしかできないことでも、こういう感じなんだなということがわかると心にゆとりを持って取り組むことができます。

バスケって余裕が大事です。うまい人達はみんな余裕を持ってプレイしています。うまい人達でも、余裕がなくなるとミスったりします。余裕超大事。

そして余裕っていうのは「うまさ」によるものと「経験」によるものがあります。自分のほうがうまければ余裕を持ってプレイできますが、自分より動きの速い人や技術が高い人が相手であったとしても、それまでにレベルの高い試合をたくさん経験してきている、レベルの高いプレイをたくさん見てきている(レベルの高いプレイを知っている)と、余裕を持ってプレイできたりします。そして、そういう余裕が無いと自分よりも能力のある人にはたぶん勝てません。

なかなか勝てない県大会に出場し続けていますが、そういう点を考えると負けることの多い県大会に出場している意味は十分にあると感じる今日このごろです。格上に挑戦することには楽しさもあるし、徐々に戦えるようにもなってきていると感じます。これからも積極的に「経験」を求めていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ