できることとできないこと

どうも、リーダーです。イセにはホントちゃんとビデオを取ってほしいです。「いやー」とか「おぉー」とか言わなくていいから。撮るときはビデオに集中してくれ。

人によってできることとできないことがあります。そして自分ができないことをやろうとしたときは、高い確率でミスにつながります。時には怪我につながってしまうこともあります。

「ミス(自滅)」は一番やっちゃいけないことです。だから自分ができないことは無理にしようとしない。自分ができる範囲で最高のパフォーマンスをするという考え方が必要になってきます。

周りの選手も、その選手ができないようなことは要求しないようにしたい。これも非常に大切なことです。どうしても「自分と同じもの」を周りに要求してしまいがちですが、自分ほど動けない選手に自分と同じものを要求してしまうと高い確率でミスが起こります。できるだけそういうのはしたくない。(ただしその人ができることよりも少し難しいことを要求するのはとても良い)

しかし、いつまでも「できない」ではいられないわけです。「できる」ようにならなければ、レベルの高いところでは戦っていけません。「自分ができないことはやらない」ということを基本におきながらも、「自分が今までできなかったことに挑戦する」ということも必要です。そのために新しい練習も必要です。

できることを確実に。その上でできないことにも挑戦。頑張って練習していきましょう。

ゴール下がら空き

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ