試合に出たくない

どうも、リーダーです。あべっちは筋トレであんまり追い込まないそうです。タイガ曰く「楽しそうにやってる」と。それでも102キロいくんですね。もともと筋肉つきやすい体質なのかな。

だいぶ前のことですが、「試合に出たくない」「試合に出るのが怖い」という感情について話をしたことがありました。その場にいた人は「え?」「マジで!?」「じゃあなんのために練習してんの?」みたいな反応をしていたんですが、私はその「試合に出たくない」という気持ちがよくわかります。万年ベンチウォーマーだった高校生の頃は常にそんなふうに思ってたし、ホーネットが県登録する前も、県登録することに対して似たような感情を持っていました。

空中にいるタイガ

出てもどうせ活躍できないから・・どうせ失敗するから・・恥をかいてしまうから・・どうせ負けるから・・大事な場面で責任を負いたくないから・・。こういった想いがあって試合に出たくなくなるんです。活躍できるなら誰だって試合出たいですよね。活躍できないのがわかっているから、試合に出たくないんです。

これ「準備不足だということを自分でわかっている」ということです。でもそのままにしていると。普段週に2回くらい練習しているのに準備不足のまま。なんでそうなるのかと言うと、「試合のための練習ができていないから」です。練習のための練習しかしてないと、いつまでたっても準備不足のままなんです。

火曜日私からTIP OFFをもらった人、2ページ目を読んでみてください。「試合のための練習をする」ことの大切さが書かれていますよ。「レイアップの練習を見ていると試合を意識しているかどうか分かる」なんてことも書かれていますが、ホントその通りです。試合をイメージしてやっているのか、それともその場で上手にできるだけで満足しているのか。見ればわかります。

目標となる試合は一人ひとり違いますが、「試合のための練習」ができるようにいつも意識していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ