おおらかな気持ちで見守る

どうも、リーダーです。昨日の記事の続きです。

「全部自分しだい」

自分がどう行動するかが問題です。楽しむのもイライラするのも、結局すべては自分次第。他人を批判することはお門違いもいいところなわけです。

熱が入るとどうしても余裕がなくなってしまいがちなんですが、そこをグッとこらえることができなければ「チーム」として良いプレイを作り上げていくことはできません。

他人とうまくやっていくための潤滑剤。それが「余裕」です。余裕があるからこそ、様々な価値観、様々な考え方を持った人間たちがうまくコミュニケーションをとっていくことができるんです(余裕が無い人とはうまくコミュニケーション取れないですよね)。

だから余裕がなくなった瞬間にうまくいかなくなります。感情がむき出しになって、イライラしている気持ちがそのまま相手に伝わってしまう。いい感情がむき出しになるのはいいことなんだけどね。

おおらかな気持ちを持って「見守る」という態度が取れるといいなと思います。陸さんが少し前にブログで書いてました。「チーム」は「家族」だと。家族ってそういうものですよね。

このあたりの記事も関連している内容です。

怒りの感情
楽しくバスケをするために

昔から同じようなこと繰り返し書いてるな~。

タガのシュート

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ