なんで○○してくれないんだ

どうも、リーダーです。イライラする理由の続きを書こうと思って書き始めましたが、どうにもうまく書けません。なんか中途半端ですが、もう朝8時になるのでとりあえず。

他人の行動に文句を言う前に、自分に何かできることはないかと考えることができるか。そしてそれを実行できるか。やったことの結果が出ていないなら、結果が出るまで続けることができるか(もし結果が出るまで続けることができなければ、自分がそこまで情熱を注げる対象ではなかったということです)。これが重要だと思います。

「みんながもっとこうしてくれたらうまくいくのに」

確かにそうかもしれない。しかし普通他人は自分の思い通りには動いてはくれません。

「他人は自分の思い通りには動かない」

このことをわかっていない人が多いような気がします。例え自分が考えていることが合理的だったとしても、他人が同じように考えて、自分と同じように行動してくれるとは限らないんです。それがわかっていないから「なんで○○してくれないんだ」「なんでみんなわかってくれないんだ」なんて考えてしまうんですが、もともと○○するわけないし、わかってくれるわけないんです。他人は自分と同じようには考えてはいないんですから。

LD家会議

他人の行動は、普通は100%コントロールできません。なのでそもそも他人に何かを期待すると、その結果が自分の思い通りになる確率は低くなります。他人に過度な期待をしすぎるのは賢くないです。

「ここでは誰も僕にパスをくれません」 by ヤザワ

そんなときに「なんでパスをくれないんだ」と思ったらそこで終わり。「どうやったらパスを出してもらえるか」を考えることができたら先に進める。「どうして動いてくれないんだ」ではなくて「どうやったら動いてもらえるか」を考える。そこまで考えることができれば自分の行動しだいで現状を変えることができる。

続く・・と思う。

スポンサーリンク

2 Responses to “なんで○○してくれないんだ”

  1. AB より:

    悪いことではないけど、たしかに他人に過度な期待をしすぎるのは良くない。
    息の合ったプレーができるっていうのは、自分もしくは味方が「自分がこういう風に動けば味方はこういう風に動いてくれる」って考えて行動しているからなんですよね。なんか上手く言えませんが…。

    それにしても番Bさんの顔赤いですね(笑)

    • リーダー より:

      >ABさん
      「過度な期待」は様々な問題の原因となることが多いんですよね。
      ハードルを上げすぎてて、現実とのギャップに落胆する。
      それがイライラにつながって・・。
      どんな場面でも余裕を持ってプレイできるといいんですけどね。

      番Bは飲むと赤くなる仕様です(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ