市民戦前のメール

どうも、リーダーです。日曜のAチームの市民戦結果は2回戦敗退でした。1試合目も2試合目も内容は決して良くはなかったですが、とりあえずは市民戦Aクラス初勝利ということに。Aクラスにあがってから5年かかりました。

試合前日の夜、今回は参加人数が少なかったこともあって一斉送信メールが飛び交いました。

「ホーネットはAクラス未勝利ですが、明日、歴史が変わる日だと思ってます!(中略)明日の試合が(と天皇賞も 笑)楽しみで仕方ありません!!!」

内容から誰のメールかは言わなくてもわかると思います(笑)このメールから始まって、ムラヤマさん、私、OTKさんと意気込みメールが送信されました。

そして試合当日の朝。早めに起きることができた私は、もう一通メールを書きました。

本日一回戦の相手について。メンバー表を見るかぎりでは、21番の大きくてうまい人は残ってましたが、昨年からメンバーがかなり変わっています。が、最上位クラスに送り出してくるチームですからうまい選手を集めてるでしょうし、手強いことには変わりはないでしょう。

相手が誰であろうと我々のやることは変わりません。OTKさんも言ってくれましたが、個々としてはオフェンスディフェンスともに「自分ができること」「自分が得意なこと」をまずはしっかりやるようにしてほしいなと思います。

ここは「諦め」もある程度必要です。「自分ができないこと」「自分ができる以上のレベルのプレイ」をいきなりやろうとしてもうまくいきません。だからできないことはいさぎよく諦める。そのかわり自分ができることは一生懸命頑張る。もちろんこれは「できない部分は頑張らない」ということではなく、無理にプレイしたり深追いしたりしてその後の展開に支障が出ないようにするという、「積極的な諦め」です。

その人ができないことは周りがカバーしましょう。他の味方は、その人は何が得意で何が苦手なのかを見極め(知ってるはずなので思い出しておきましょう!)、苦手なことは極力させない(やらせるならフォローする)、得意なことをたくさんさせるという感じで、その選手の良さが最大化できるようにしたいところです。

試合には練習でやってることがそのまま出ます。つまり、練習でできていないことは試合でもできません。OTKさんが指摘してくれたことは、おそらく今回の試合でもボロが出るはずです。

ボックスアウトができないのも、切り替えが遅いのも、やらなければいけないことはわかっていても、その瞬間に「忘れて」しまっています。それは一つ前の段階(その瞬間ではなく、一つ前)で周りが声をかけて「思い出させて」あげましょう。もちろん自分一人の力でできるのが一番いいし、各々が今回の試合も一つの練習のつもりで改善に努めるのは当たり前ですが、疲労による集中力の欠如やその他いろいろな理由でどうしても忘れてしまう場面は出てきます。そこを周りの声やフォロープレイでカバーする。

こういうふうに考えることができると、できないことが多い現状でも自然と安心感が出てくるんですよね。味方のサポートが感じられるというか。こういうのが「チームで戦う」ってことだと思うんです!

うおー!書いててヤル気出てきたぜ!

オフェンスの際はどこにどんなミスマッチがあるのかを見極め、こちらが優位なミスマッチを中心に攻めるようにしましょう。相手が優位なマッチアップのところに長くボールを置かない(すぐもらってあげる)。自分のマッチアップが分が悪いなら、他の場所をいかすようなプレイをする。相手がゾーンなら、こちらが優位なサイドから集中的に攻める。全員が声を掛け合いながら、冷静に判断していきましょう。

オフェンス以上に頑張らなければいけないのはディフェンスです。ディフェンス8、オフェンス2くらいの気持ちで試合に臨みたい。ディフェンスでやられるのは「準備が遅れている」時です。準備ができていればそう簡単にはやられません。そこは…

いつやるの?
今でしょ!

あ、間違いました。CMで出てきたのでつい。

そこは周りの「声」で準備を促しましょう!

「ボール見て!」「カバー意識して!」「カバーオッケー!」「逆サイドいくよ!」「21番について!」「裏見て!」「裏いいよ!」

声でもディフェンスができます!

という感じで、コート上の味方の声、ベンチからの声を聞きながらコミュニケーションをとりつつプレイしましょう。

朝からこんな長いメールを読んで・・みなさん本当に物好きですね。そんな物好きな人が集まったホーネット。ステキです。ステキなチームで勝利を勝ち取り、陸さんにステーキをおごってもらいましょう!

・・・。

さて、体幹トレーニングやって会場に向かうかな。

●メールここまで●

みんなのテンションをあげたくて書いたこのメール。しかしべんぞうさん以外から返信がこない。時間をかけて書いたメールに反応がない・・私のテンションが若干下がり気味に。送信から1時間後くらいに携帯がブルブルいったので「ついに返信がきた!誰からだろう」と思って携帯見たら、自分でセットしたアラームでした。

珍しく時間に余裕があったので、久しぶりにじっくりと体幹トレーニングをすることができました。さらに股関節のトレーニングも。これ系のトレーニングは短い時間で焦ってやるとダメですね。ゆっくりやることが大事。

トレーニング後、最近気をつけている「つま先を持ち上げる」ことを意識して歩きながら足の感触を確かめる。良い感じ。少し早めに会場に向けて出発しました。

続く。

カラオケで歌うヤマザキ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ