自主練習のやり方

どうも、リーダーです。昨日の記事の続きです。上達するためには自主練習の時間を大切にしなければいけない。普段の練習を見ていると、それはよくわかります。あまり変化が見られない人はただなんとなくシューティングしているだけだけど、上達の速度が早い人は目的を持って練習している感じがします。

自主練習をすると言ってもただなんとなくシュートをうっているだけでは意味がないです。「目的」が無ければ。目的があってはじめて集中して練習できますからね。その「目的」はなんでもいいです。何かやりたいこと(身につけたい技術)があって、それを練習するという形の練習ならば、そのやりたいことがなんであれ「良い練習」になるはずです。

例えばWARAさんの背中(腰)のあたりにボールを持ってシュートをうつやつとか。一見ふざけているようにも見えますが、あれも一つの「目的」になっていたから良い練習になっていた(集中して練習できていた)はずです。そういう練習をしているとすぐにできるようにもなったりします。

私の場合はだいたい一回の練習が終わった時や、練習動画を見ているときに自主練習でやりたいことが見つかるので、毎回それを練習しています。そういうのが無いときは、「今日何練習するか」と体育館に行く前に考えていきます。そして集中して練習する。

集中して練習すると必要以上にたくさんの反復練習をしなくてもすみます。何十回も繰り返さなくても、ほんと数回で変化が出てきますからね。短い時間で効率よく練習して上達していくためには、そういう感じの練習が必要不可欠です。

ジジ!
ハートを持ったジジ

開くとこんな感じでメッセージが。
ハートの中身

写真撮り忘れたけど後ろ姿もクオリティが高い。シロメすごいぜ!

匿名希望って・・。
イセのメッセージ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ