バスケ人生を左右する30分

どうも、リーダーです。先日の練習。デジカメは持っていったのに、SDカードを挿し忘れていたという失態をおかしてしまいました。いつもよりも軽い感じで動けていたのにそれが撮れなくて残念すぎます。良い時と悪い時を見比べるって大事ですから・・。力を抜いたほうが早い。力を抜いて当たったほうが強い。クソッ、動画で確認したかった。

今日は練習への取り組み方について少し。

上達していくためのカギは「自主練習」にあると思っています。自主練習無しでは劇的な上達はできないです。

新潟市の学校開放は2時間と時間が決まっています。だいたいは8時45分に後片付けをはじめなければいけないので、19時から始めたとしても実質1時間45分しか練習ができません。しかしその短い練習時間の中で、HORNETでは自主練習の時間を30分設けています。いつも19時30分くらいからランニングシュート始めてるでしょ。それはみんなに自主練をしてほしいから(自分が自主練をしたいから)なんです。

この30分間をもっと重要視してほしいなと思います。ゲームをすることも大事だけど、ゲームをすること以上に、この30分間の練習は大事です。上達するためには「やりたい技術について試行錯誤すること」が重要ですが、じっくりと試行錯誤を行えるのはこの時間帯しかありません。ゲームが始まれば「ミスしないように」「確実なプレイ」で練習しなければいけなくなるんですから。

「どうせゲームが始まるのは19時半を過ぎてからだから最低それに間に合えばいいや」

もしそんなふうに考えているのなら、即刻考えを改めてほしいです。19時には体が動かせることを目指してほしいです。仕事の関係で難しい場合もあると思いますが、できるだけ早く体育館につけるように努力しましょう。この30分の使い方で大きく変わりますよ。

ヤマザキの後ろ姿

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ