体も小さく身体能力も低いのにできることが少ない

どうも、リーダーです。10月ももう終わり・・あっという間でした。しかし私はこの10月はコートの上で見える景色が変わったような実感があります。見えなかったものが見えるようになり、わからなかったことがわかるようになりました。でもまだ足りない。もっといろんなことが見えるようにならないと。いろんなことを知らないと。

最近ふと思ったことがあります。それは、「体も小さい、身体能力もない。それなのにできることが少ない。それで勝てるわけがない」ということです。

他のチームに比べて体が小さく、身体能力も無い。だからせめて技術(テクニック)的な部分だけでも相手に勝っていなければいけない。相手ができないことができなければいけない。

相手よりできることがたくさんあって、それでようやく身体能力が高い選手や体の大きい選手とギリギリ戦えるかどうかってところ。勝つことを考えるなら、相手を圧倒するくらいの技術力の差が必要。相手の想像を越えるようなプレーが連発できて勝つことができる。そのくらい、身体能力や体の大きさのハンデは大きい。

今は体も小さい、身体能力もない、それなのにできることが少ないという状態だと思います。それで勝てるわけがないです。できることを増やしていかないと。うまい人ができることを同じようにできることは当然として、うまい人ができないようなこともできるようにならないと。そういう考えで練習していけるといいと思います。

WARAちゃんのダッシュ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ