性格の問題ではなく単なる実力不足

どうも、リーダーです。昨日の続きです。イセは試合で活躍できない。でも練習ではあの動きで活躍できているんです。なんでそういうことになっているか。それは「練習のほうが試合よりもレベルが低いから」です。

ネガティブだから、思いっきりやれないから活躍できないんじゃないんです。あのくらいの試合のレベルでは通用しない。単純にそれだけです。それを「萎縮してしまっているから」とか「ネガティブになっているから」と考えてしまうとヤバいです。「気持ちが足りないだけで本当はもっとできる」みたいに言っていると、本当はそこまで実力がないのに自分はできると勘違いしてしまいます。自分のことを過大評価する人に上達はありえません。

試合慣れしていないことも含めて、単純な「実力不足」です。性格の問題と捉えるのではなく、選手としての力が足りなかったと考えるようにしましょう。持っている能力は高いんだから、しっかり練習していけば活躍できるようになります。ヤマザキだって少し前までは試合で力を発揮できないことが多かったですからね。

まずはたくさん試合をこなして、経験を積むこと。練習と試合はどのくらい違うのかということを知ること。そして試合で活躍するためには何が必要なのかを考えること。練習でシュートを決めたとしても「今のは試合じゃ使えないな」って思える心が大切です。一つ一つ階段を登っていきましょう。

イセのパスをカット

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ