ネガティブだから試合で活躍できないのか

どうも、リーダーです。HORNETにはイセというMr.ネガティブがいます。まず体育館に入ってくる時のネガティブオーラが半端ないです。今度見てみてください。

イセは動きが速くて力も強いです。背は低いですが、足をぐねりやすいことを除けば身体能力はヤマザキと同等レベル。シュートもそこそこうまいので、あまりマッチアップしたくないです。

先日の市民戦。イセはシュートを2本しかうてませんでした。決めたのは0本。一方ヤマザキは13得点。この差はなんでしょう?

市民戦後の夜の練習でヤマザキが「試合でそういうのやれよ!」とイセに言っていました。練習では活躍しますからね。そう言いたくなる気持ちはよくわかります。でも試合だと活躍できない。この現状を見ると一見「試合では萎縮している」ように感じます。

「試合でそういうのやれよ!」と言われたイセは、「練習は別に失敗してもいいから思いっきりプレーできるんだよ!」「試合だと失敗できないじゃん!」みたいなことを言っていました。私はそれを近くで聞いていたのですが、突っ込みどころが多すぎていちいち突っ込むのが面倒くさく、スルーしてしました。

1.練習は別に失敗してもいいわけではない
2.試合で失敗できないのは当たり前だが、それが良いプレーができない言い訳になるわけがない
3.ヤマザキもイセも大きな勘違いをしている

1と2は説明しなくてもわかると思いますが、3が問題です。「大きな勘違い」というのは、「思いっきりプレーしていないから活躍できないのではない」ということです。これは超大事なことです。

確かに試合では明らかに試合慣れしていない動きを見せていました。しかしそれを差し引いてみたとき、動きは練習とそれほど違いがなかったと思います。むしろ練習でやっている通りの動きをしていたんじゃないでしょうか。思い切り動いていたように見えたし、4つのファウルもそれを証明しています。

それで活躍できなかった。ということは・・。

イセのシュートブロック

続く。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ