大きい人相手だと通用しない

どうも、リーダーです。奪われた卍解はどうなってしまうんでしょうか。気になる。

体が大きい相手が目の前にいるとすると、今やっているプレーのほとんどが通用しないということに気が付きます。すぐにボールを頭の上にふりあげてパスを出すところを探す。手を伸ばされて簡単にカットされます。振り上げたボールをそのままオーバーヘッドパスでポストに入れたりする。手を伸ばされて簡単にカットされます。シュート前に無駄なドリブルをつく。そのドリブルのせいで簡単にチェックが間に合います。単なるボックスアウト。簡単に上からボールを取られます。特に駆け引きのないこういうプレーはほぼ通用しないと思います。

駆け引きができて初めて小さいほうの人にも勝てる可能性が生まれます。でも可能性が生まれるだけで勝てるとは限らないです。デカイ人はそのくらい有利。そして大きい人よりも速く動けて、初めて勝てるチャンスが生まれます。大きい人より動きが遅かったらアウト。勝てるチャンスは無しです。

みっちはすごいですよ。小さい体で大きい相手にあれだけやってるんですから。みんなが思ってるよりも、そして本人が思ってるよりも、これはスゴイことです。大きい人に囲まれてプレーするっていうのは、それだけ大変なことだと思います。

自分が大きい人と戦うことを想定するとき、みっちのプレーはいろいろ参考になるところがあるんじゃないでしょうか。

走るみっち

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ