イメージが動作に与える影響は大きい

どうも、リーダーです。市民戦を観戦に行った日の夜の練習。私は覚醒してたんですが(笑)私以外にもプレーに変化を感じた人が2名いました。OTKさんとみっちです。

OTKさんはですね、体がかなりキレていてディフェンスが非常に良かったです。体がキレているときっていうのは、予測も冴え渡るんですよね。オフェンスの動きを読みまくっていました。シュートも良い。スリーポイントラインに近いシュートも普通に入りそうな感じでうてていたし、実際入っていました。OTKさんはホント最近成長著しいです。

みっちのほうは、プレーの質がグンと向上したように感じました。プレーの内容にはそれほど変化はなかったので他の人は気づかなかったかもしれませんが、何気なくついているドリブルやシュート、パスの感じを見て、今までとは違うステージでプレーしていることがわかりました。おそらく本人にもそういう実感はあったと思います。

もともと持っている能力は高い(賢さを含む)ので、「きっかけさえつかめばもっと良いプレーができるようになるはずだ」とみっちがHORNETにきたばかりの頃から思っていましたが、なかなか脱皮できずにいました。今回の変化っていうのはずっと待ち望んでいた変化だったので非常に嬉しかったです。今回の変化は「始まり」です。これからもっと変化していくと思います。

KGリバウンド

この変化をもたらしたのは、たぶん「持っているイメージの変化」なんです。OTKさんは拓MAXや灰皿の試合を観戦して自分の中にあるプレーのイメージが、よりレベルの高いプレーに上書きされた。みっちの場合は女子の準決、決勝の試合を見て、自分の中にあるイメージが上書きされた。

持っているイメージがプレーに与える影響っていうのは大きいです。レベルの低いイメージしか持っていなかったら、レベルの低いプレーしかできないですからね。レベルの高いプレーのイメージを持っている人だけが、レベルの高いプレーをすることができます。(脳の中にイメージとして存在しないプレーは実現することはできない)

しかもOTKさんやみっちのように「動ける」人はですね、即効性もあるんです。上書きされたイメージを実現するだけの技術(体を動かす技術)があるから、見たことがそのまま出てくるんです。

だから、いろんなプレーを見ることが大事。レベルの高いバスケや、いろんなバスケを見るようにしましょう。今はYoutubeでいろいろ見れるしね。

スポンサーリンク

One Response to “イメージが動作に与える影響は大きい”

  1. マインドコントロール冷蔵庫TGin西川 より:

    新発田クラブオールジャパン

    目に焼き付けて中です

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ