自分がそのステージでプレーすることを想像してみる

大学バスケの試合をYoutubeで見ました。あのレベルと比べたら、私達がやってるのは完全に玉遊びレベルですね・・。まぁ下手だからしかたないけど、なんか悔しかったです。

自分たちよりもレベルの高い試合を見たとき、「全く違う世界のもの」のように見てる人もいると思います。そういう人はでずね、絶対にそのレベルには到達できないです。その試合を見た時に、自分がそのレベルでプレーすることを想像できない人は、絶対にそのレベルにはいけません。(想像できたとしてもいけるとは限らないけど)

まぁ現時点でそんな状態だったとしても、自分の技術が高まってからもう一度その試合を見ると、不思議と自分がそこでプレーしていることが想像できたりします。そうなるとですね、そのレベルの一歩手前まで来ているっていうことです。

私もレベルの高い試合を見た時はイメージしますよ。イメージと言っても「あ、今のは俺だったらドリブルをこぼしてるな」とか、「今のは俺だったら決められないな」とか、そんなんばっかですけど。でもそういうことをしているうちに、自分の足りないところも見えてきたりするわけです。強い人とやるときはもっとこう動かなきゃいけないとか、こういうプレーは通用しないからやっちゃだめだとかね。

試合を見た時に「おぉ~、すげぇ」で終わらないで、自分がプレーすることも想像してみる。それができると上達できると思うんですよね。

↓だからこの人はいったい何をしてるんでしょうか。
変なOTKさん

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ