ファウルはオフェンス側が申告する

うちのチームは接触に非常に弱い。

だから最近「ファウル無し」で練習しようという話をしているけど、もっといい方法を思いついた。

普段の練習でファウルが起こった場合、それはオフェンス側が申告することにしよう。

今まではディフェンスが「俺ファウルした」って言ってゲームがとまってたよね。

それはやめる。

オフェンス側がファウルを受けたと思ったら、そこで「ファウル」って言ってゲームをとめる。

ディフェンスはファウルぎりぎりの強いプレッシャーをかけていいし、オフェンスはいつでもファウルを申告してもいい。

ただし、当然のことながら簡単にファウルを申告していたら強くなれない。

そこは個人個人の感覚に任せる。

うちみたいな小さいチームは、体のぶつかり合いに強くならなければ勝てない。

しかも、今より3倍くらい強く体をぶつけ合わないと、試合でいきるほど接触には強くならない。

背の高い選手のあたりというのは強いからね。

練習から、遠慮せずにどんどん体をぶつけていくようにしよう。

まずはボックスアウトのところから始めるといいかもしれない。

今日は後ほど、監督からのありがたいお言葉をアップしようと思います。

べんぞうさん、私も3on3の動画見たいです。

このパス、ヤマザキに出したんじゃなくて、ガルシアに出したんだよね(笑)

ビッグプレーの再現なるか!?というプレーだったけど、おしくも失敗。
前回よりもいいパスができたのに・・残念!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ