陸さんのシュートとバスケ手帳について

陸さんからシュートの指導を承っていましたので、この記事で答えたいと思います。

最初の印象は「うまい人オーラ」がずいぶんと出ているなと感じました。うまい人と同じように振舞おうとしているその感じがかなりナイスだと思います。そういうところから真似していかないと「別人のように上達」することはできないんですよね。

シュートは力みがなくて良いなと思いました。後半に見られるステップも力みがなくていい感じです。ただ、肩を引き上げることを強く意識しすぎているときは、リリースのときに腕が後ろに引けてしまっています。腕が後ろに引けるというのはボールに力が伝わりきっていないということなので、そうならないように気を付けたいところです。トマもこの間の練習でさっそく「肩の意識」を実践し、同じことになっていました(笑)

それと、あの動画でのシュートはまだ「入るかはいらないか」という意識のシュートでした。「ボールが手から離れるまで」しかコントロールできていない感じ。良いシュートは「ボールが手から離れてからリングに吸い込まれるまで」コントロールされている感じがします。あの練習は自分の動作に意識を向けての練習なので仕方がないですが、最終的には自分の動作を意識するのではなくて、飛んでいくボールに意識を持っていけるようにならないといけないですね。

あとは重心が後ろに残りすぎているのが少し気になります。それが動きの重さにもつながっているのかもしれません。頭を下げて動き出すのもそうですね。あれは重心を前に移動させるためにやっているんです。後ろに重心が残っているからそうしないと動き出せない。私も同じことやっちゃいますが、頭がさがると腰が前ではなく後ろに進んでしまうので、勢いをつけているつもりが実は遅くなってしまっています。腰から動き出したいところです。

という感じです。拓さんとホソくんのシュートはもう「出来上がっている感じ」がするので、変にいじらないほうが良いような気がします。

リバウンド

ついでに陸さんのバスケ手帳について。みんなもやってみても損はないです。私は今はもう書いていないですが、形を変えて続けています(ここもその一つの場です)。効果絶大。考えの深まり方が違います。

そして陸さんの手帳がナイスなのは、書いてある言葉がポジティブなところです。「○○はダメ」みたいにダメなところを書くのではなくて「○○したい」というふうに「どうすればいいか」ということを書いているのがとても良いと思います。

(補足 ○○できる人は「○○したい」なんて思わないですから、「○○する」みたいに断定的に書くともっと良いかもしれません。そのほうが○○できる人になりきれて、実際に○○できる人に近づけます。例えばニセムラカワが「痩せたい」と思っていてもいつまでたっても痩せられないわけです。なぜなら「痩せたい」と思うのは太っている人だけだから。その思考をしている限り、太っている人のままなわけです。太っていない人は「痩せたい」なんて思わないですよね。)

書いてある内容がネガティブなイメージなのか、ポジティブなイメージなのか。そこは未来の自分につながっていることなので超大事です。イセだったらきっとネガティブなことばかり書いていると思いますが、そういう状態だとまたやっちゃうわけです。引き寄せるからね。あいつは最近「ひねらないように気をつけて動いてますよ!」とよく言っているので、またやっちゃう日も近いかもしれません。

シュート

さらに効果的なのは、メモったことを人に教えるってことです。教えるっていうのは「指導」じゃなくて「報告」でもいいです。なので、トマはメモを書くようになったら気づいたことを「報告」してくれると嬉しいです。トマの報告によって私もまた気づくことができる。そしてその気づきによってトマにアドバイスすることができ、それによってトマがまた新しく気づいて、そしてその報告によってまた私が気づいて・・・きっとステキなことが起こります。

スポンサーリンク

4 Responses to “陸さんのシュートとバスケ手帳について”

  1. とま より:

    バスケを6年くらい続けるとクリスマスは白い髭のリーダーがバスケ手帳を枕元に置いてくれるらしいです。

  2. ご教授ありがとうございます!
    実際に自分の動画で解説していただくのは、具体的で凄く分かりやすいですね!

    プロ野球の一流バッターが毎シーズンごとにフォームを改良しているように、私も更なる高みを求めて(バスケを楽しみながら)精進したいと思いますので、これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

    • リーダー より:

      正解ってないですからね。どんどん変化していくべきだと思います!
      こちらこそ、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ