目の前にいる人間に勝てばいいのではない

ここ最近は、やっているバスケットのレベルの低さに頭を悩ませています。確率の低いプレーばかり選択する。ドリブルでばかり攻める。ミスが続く。ディフェンスをしない。どうすれば改善していけるか考えています。

まずプレーしている人たちの持っているイメージがよろしくないような気がします。強いチームの試合を見たりすると思いますが、その試合で見られるような「プレーの感じ」を自分でもやろうという気があるのかどうか。ないですね。だからなかなかレベルが上がっていかないんだと思います。

スクワット

目の前の敵を倒すことに躍起になる。もちろんそれは必要ですが、目の前だけを見ていてはいけないです。なぜなら、普段の練習では目の前にうまい人間がいないから(笑)我々が戦わなければいけないのは、うまい人達、強いチームです。普段の練習で相手チームに負けないように一生懸命プレーするというのはもちろん必要なんですが、それだけじゃ足りないように思います。

「でもまぁトマとかはチーム内のうまい人に勝てるように頑張ればいいんだろ」と思うかもしれませんが、それもNOです。外に目を向けなきゃダメです。外に目を向けて、そこを目標にして頑張って、そして上達していくうちにいつの間にかチーム内の誰かを追い越していた。そういう流れにならないとダメだと思います。ホーネットの外側に目を向けない限り、到達できるレベルはたかが知れているということです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ