未来の自分が上手にできていることを練習する

教えたその場でいきなり新しい感覚がつかめるということはあっても、それが「身につく」までには時間を必要とすることが多いです。パスの出し方を教えても、その場では完全にものにすることはできない。それが技術として身につくためには時間がかかります。教えられた時期とできるようになった時期には時間差があるのが普通。

自分で練習するにしてもそうですね。練習しているときはそこまで上手にできるようにはならない。でも、しばらく時間が経過すると上手にできるようになっていたりする。しかも不思議なことに、その動きの練習していなくてもそういうことが起こることがある。面白い。

だからね、今やっている練習が思うようにできなくても、あきらめないでほしいですね。いつかきっとできるようになるから。時間差で。

あとはね、長期的な視点で考えてもらいたいなと。今やっていることはすぐに結果としては現れてこないんです。時間差で出てくるから。だから、多くの人は「今」上手にできることをやろうとしてしまいがち。失敗することばっかりやるよりも上手にできることをやるほうが気持ちいいもんね。でも、それは短期的な視点なんですよ。そういう感じだと「上達」はできないんです。

長期的な視点で考えれば、今上手にできることを練習するよりも、今上手にできないことを練習したほうが10倍くらい気持ちがよくなれるということがわかるはず。「今の自分が上手にできていること」を練習するのではなくて「未来の自分が上手にできていること」を練習したほうがいいんですよ。これから自分が上手にできるようになることをね。

じょーへのアシストパス

「未来の自分が上手にできていること」。なんていいフレーズを思いついたんだ私は。未来の自分が上手にできていることっていったいなんでしょうか。これは人それぞれですね。そこを中心に考えて、普段の練習に取り組むときっと上達できるね。

スポンサーリンク

2 Responses to “未来の自分が上手にできていることを練習する”

  1. かわむら より:

    きれいにやられてるねぇ。。
    ジョー側には抜かれちゃいけないってことがよくわかるね。

    • リーダー より:

      この場面はあんなに簡単に抜けるとは思ってなかったです。
      体がひっかかってパスかなって。
      やはり体重が・・・。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ