余裕が無くなるほど頑張らない

頑張って周りに合わせようとすることは大切だけど、頑張りすぎているプレーはメリットよりもデメリットのほうが大きいと思う。「頑張るプレー」は体に力みをもたらし、体をかたまらせ、体がすばやく動かない状態を作ってしまう。体がこわばると心もこわばる。心がこわばると視野も狭くなり、状況を的確に判断することもできなくなる。

うまい人が軽く動いているように見えるのは体の力みがないからで、そういう動きは見た目以上に速い。しかし、うまい人でもムキになったりして体が力んだとたんにシュートが入らなくなり、ミスを連発するようになる。

体の力みはプレーの質を下げてしまう。体が力むと頭が働かなくなり判断力が低下。単調な動きになりやすい(判断ができない=選択ができない)。本来ならば柔軟に動いて衝撃を逃がす構造になっている体がかたまってしまうことで、怪我のリスクも高まってしまう。

さらに、頑張れば頑張るほどスタミナを消耗する。頑張る=必要以上(ムダ)に力を入れる=エネルギーの消費量が多くなる。エネルギーのタンク(この大きさは人それぞれ)がすぐにカラになってしまう。タンクがカラになると、ますます周りが見えなくなり、判断力がにぶる。悪循環。

余裕が無いから周りが見えない。余裕が無いから頭を使って考えることができない(「判断」ができない)。余裕がない状態で動いていると目の前に起こっている動きを「全て」追いかけることになるため、消耗も激しくなる。自分の能力を超えて無理に周りに合わせようとするとそういう状態になりやすい。

続く。

追伸 ランキングに登録してみました。クリックしていただくとホーネットを応援できますので、どうぞ1日1クリックよろしくお願いします。PC・スマホはサイトの一番下のバナーで、携帯はたぶんリンクページのリンクでクリックできます。

ニセムラカワのジャンプシュート

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ