走れない練習だった

ペイントエリアの外側5箇所から連続でシュートを決める練習。何本連続で決めるかは本人が決める。私は5本でやった。全然入らなくて、たぶん一番たくさんシュートをうった。最後のほうは腕が重たくて上がらない感じ。へたっぴすぎる。ぴんごは「ダラダラ5本やるより集中して3本やる」と言って3本でやっていた。正解だ。

ゲームが始まってからは走れない。とにかく走れない。途中で寒気がした。たいして動いていないのにきつかった。

こういうときは股関節がよく動いていない。足のつきかたや、動かし方をいろいろ試しているうちに、一瞬大股になったときに気持よさを感じた。それから大股気味に走ってみると疲労が軽減されていい感じだった。重心を落としながら。骨盤を起こして股関節まわりのバネがきくように。そんな感じ。

ゲームはダラダラした感じだった。タイミングの早いシュート。戻らないディフェンス。せっかく10人集まったのに、内容は残念な感じだった。何か目標を持ってやらなければ駄目だと思った。今日のゲームは誰かと何かを共有するというのがほとんどなかったように思う。個人技多し。得点を数えていなかったのもよくなかったか。

1対1からの合わせ

一回「合わせろよー」と言ってから1対1をしかけた場面があった(CIMG2934の0:58 まだアップロードしていない)。ヤマザキとぴんごが反応して動いていたけど狭すぎてだめで、結局じょーにパスを出したんだけど、本当はイセにパスを出したかった。イセのディフェンスがヘルプに寄ってたから。でもイセがなんも動いていない(パスを受ける準備もしていない)からやめて逆サイドのじょーにパスを出した。ドンマイ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ