急激な上達の秘密

トマがなんで急激に上達するのかということについて、またひとつ思いついたことがあった。トマあいつは普通の人だったら「俺には無理だ」と思うようなことを本気でやろうとしているんだ。身の程知らずと言われそうなことに本気でトライするというか、そんな感じ。ビンスも似たようなものを感じる。そして私も同じような感覚で練習している。

例えばトマくらいのシュート力だったら、普通はスリーポイントシュートをあんなにうとうなんて思わない。台形の一歩外のシュートも満足に入らないんだから(笑)でもトマはノーマークになったらわりと迷いなくスリーポイントシュートをうっている。しかも入る前提で(これ大事)。今はまだエアボールが多いけど、たぶんそのうち入るようになる。スリーポイントの一歩前くらいだったら今でもたまに入っているし。

ダブルクラッチにしてもそうだ。トマくらいの技術レベルだったら、普通ならやろうとは思わない。ジャンプ力もないし。でもトマはチャレンジしている。しかもできる前提で(これマジ大事)。きっとそのうち決めるようになるだろう。

シュートフェイクしてドライブ、そこからダブルクラッチとか、ジャブステップでディフェンスを下がらせておいてジャンプシュートをうつとか、そういう「うまい人」がやるようなプレーをトマはやろうとする。しかもできる前提で(これテストに出る)。

そういうことをやってるから上達する。

トマのダブルクラッチ

普通練習は「難しすぎる」ことだとモチベーションが下がる。少し難しいことなら「やってみよう」と思えるけど、難しすぎると「無理だ」となってしまうからだ。でも、超特急で上達したいなら、難しすぎることに挑戦するということが必要だ。「無理だ」と思ってしまいそうなことでも、大真面目にチャレンジする。そしてなんとか実現しようと試行錯誤する。そういう姿勢が必要なんだ。

自分には無限の可能性がある。トマはそう信じている。俺は出来る子だと、心の底から思っている(ポジティブナルシスト)。だから一見難しすぎるようなことに、大真面目にチャレンジできる。そして「できる」と本気で思っているから、できることが前提になっているような動き方をする。そういうのはすぐにできるようになる(イメージがすでに頭の中で出来上がっているので、体が追いつくのは時間の問題)。

でもほとんどの人はそうじゃないね。すぐ「無理だ」とか「できない」とか言うからな。無理じゃねーのに。可能性は無限大なのに。勝手に限界を決めるのはもったいない。

少しずつうまくなるとか、一段ずつ階段を登るとか。まぁそれは正しいんだけど、だからなかなか上達しないとも言える。2段とばしで階段をのぼる方法もある。ほとんどの人は「できるわけない」と言うだろう。でも、現時点でヘタな我々は、それができなければうまい人に追いつけない。

常識を超える。1段ずつではなく2段とばしで。「少しずつ」ではなく「一気」に。それが実現可能だと大真面目に信じるやつだけが、超特急で上達していける。

スポンサーリンク

2 Responses to “急激な上達の秘密”

  1. ミズイロイズミ より:

    見ていてトマツさんは、色んなことに挑戦しようとしている。更に気付いたんですけどトマツさんは無理ってワードをあまり口に出さないんですよね(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ