バスケを楽しむのに上手い下手は関係ない

「上手い人は上手いなりの、下手な人は下手なりの楽しみ方があるはず。」某所から文章を拝借。下手な人でもうまい人でも楽しめる。私もそのとおりだと思うなー。

まもさんvsイセ

負けるより勝ったほうが楽しい。ただし、「相手に勝つこと」だけが楽しいというわけではないんです。勝つこと自体が楽しいというよりも、前は歯が立たなかったような相手に対等に戦えるようになった、前は同じくらいの技術だったのに余裕で勝てるようになったという、「自分が上達した実感」を感じるときがたまらなく楽しいんです。上達した結果、相手に勝つことができたらそれは最高に楽しいです。だからうまくなればなるほど楽しめると私は思っています。上達してできることが多くなればそれだけ様々な形でプレーできることにもなるし。

こういうのはうまい人だけじゃなくて、下手な人でも感じられることだと思います。例えばうちのチームでは最近トマがうまくなってきています。はっきり言ってまだまだ下手ですが、最初うちのチームに来た頃に比べたら格段に上達しています。あいつはあいつなりにいろいろ考えて練習していて、最近はそれが周りの目にも見えるように現れてきています。

たぶん本人は今すごくバスケが楽しいはずです。本人に聞いたわけではないですが、きっとそうです。今までまったく歯が立たなかった相手に一矢報いることができる。ゲームの中でシュートを決めることができる。そういう「自分の上達」を実感しているから楽しくてたまらないんです。もっとバスケがしたい。もっと練習がしたいとなっていることでしょう。

こういう経験っていうのはうまい下手関係なくできることだと思うのです。そしてこういうことこそが「バスケットボールの楽しさ」だと思うのです。だから下手でも楽しめるというのは本当にそのとおりだと思います。上手い下手にかかわらず「上達すること」は誰にでも可能ですから。

今よりももっとバスケを楽しむために、もっと上達したいなーと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ