追い込むことと工夫すること

「自分を追い込むこと」「自分に対する厳しさ」は、うまくなるために必要です。ただし、自分を追い込むことができてさえいればうまくなると思っていたらそれは違います。

例えば、とうげはたまに練習が終わったあとにその場で腕立て伏せをやったりします。フリースローを外したときもダッシュとかしています。「自分を追い込んでいる感」はかなり感じられる。でも、私はそれがとうげの上達に対して与えている影響はそれほど大きなものではないと思います。

逆に私は自分を追い込む練習があまり好きではない。基本的にきつい練習は嫌いです。じゃー私はうまくならないのかと言ったら、そうじゃない。「上達の度合い」は高いと思っています。

私はとうげがうまくなったなと感じたことが一回あります。それはとうげが「新しいことに挑戦した」ときです。あのときは今までの自分とは違う新しいプレーを身につけようとしていました。「そうそう、その感じだよ」と思ったのを覚えています。

その時のとうげは決して「自分を追い込んでいた」から上達したのではないんです。「新しいことに挑戦しようと試行錯誤していた」から上達したんです。次々と新しいことに挑戦する。試行錯誤する。それこそが上達するためには必要。私はずっとそう言い続けていますが、そういうことが出来る人はそれほど多く無いと感じています。

もちろん、自分を追い込む練習も必要です。体を強くするためには避けては通れません。でも、頭を使わずにただきつい練習をやっていればうまくなるというのは誤りです。追い込めば追い込むほど、頭は働かなくなるのでそこは注意する必要があります。頭が働かなくなると「試行錯誤」ができません。追い込むこと、工夫すること。練習はそれぞれのバランスが大切です。

基本的にみんな工夫がまだまだ足りないと思います。「自分でできる範囲」でしか練習してないし。だからいつまで経ってもプレーが変わらないでしょう。「自分ができないこと」に挑戦しないとだめだよ。そのためには自分以外の誰かをお手本にしないとダメ。その人の真似をするんだよ。そういう上達の仕方をしないと、うまい人達には到底追いつけないよ。

スポンサーリンク

2 Responses to “追い込むことと工夫すること”

  1. 匿名 より:

    Effort is only a state of what you are thinking.
    Effect is only a response to what you are doing.

    • リーダー より:

      良い言葉ありがとうございます。
      次回はハンドルネームで結構ですので名乗っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ