ガスト会議での濃ゆい話

日曜の夜は練習後に3人でガストに行っていろいろと話をしました。イセにとっては「濃ゆい話」になったと思います。こういうのは成長するチャンスではないかと思います。

一球入魂

「人間的に成長すればバスケが上達する」と言い続けています。日々の生活の中で人間的に成長する人はバスケも上達しますが、人間的に成長しない人はいつまでたってもバスケが上達しないような気がする。

私が管理する別サイトからの相談メールでは「人間的に成長したらバスケが上達した」という報告もきています。いただいたメールを全文のせることはできないが、要約すると以下のような感じです。

・「この瞬間にうまくなった!」とハッキリ認識できる瞬間が2回ある
・一回目は膝の手術をしてその後復帰したとき
・かなり落ち込んだがバスケ以外の部分で「学ぶ」ことに集中した
・復帰後、目の前の出来事に落ち着いて対応できるようになっていた
・二回目は自分の夢を見つけたとき
・バスケットボールに対する見方もガラリと変わった
・練習時間はかなり減ったが、バスケの「うまさ」は格段に向上した
・コート上の恐怖と向き合えるようになった
・どちらのケースも、「人として成長したい」と願ったそのときに上達した

私自身も同じような経験があり、非常に共感できる部分があります。

うまくなったことは自分でもハッキリと認識できるものです。自分でうまくなったかどうかわからないというのは、うまくなっていないということです。その場合は何かを変えなければいけません。

バスケから離れたその後にうまくなる。これも同じ経験があります。「心の余裕」が大事なのかなと。自分で考え、試行錯誤していく。楽しいことに挑戦していく。そういう余裕がなければうまくならないです。一旦バスケから離れることで、余裕が取り戻せる。そしていろいろと考えることができる。考えればうまくなる。

バスケ以外のところでの学びがバスケを上達させる。これも同意。自分が大きく上達し始めたのは、バスケ以外の部分で新しく「学ぶこと」を始めた時期と重なります。また、こうしてここでいろいろと書いていることのほとんどは、バスケとは関係ないところから学んだことが元になっています。

ということで、人として成長することが大切なのだというお話でした。抽象的な話が苦手なイセには「人として成長する」という言葉は抽象的すぎて、いったいどういうことなのかよくわからないかもしれないけど・・とにかく全ての部分で「より良くなろう」と思う気持ちが大切です。

そういえばB-35のことをご両親に聞いてみたのかな。気になる。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ