またまたAチームが負けた

今週火曜日の練習はNO.NINEからの二人のゲストも合わせて全部で16人。この間の藤田杯で新商に負けた医療福祉大のまーちゃんも。まーちゃんは試合に出てなかったようだ。日曜も見に行きたかったなー。

で、この日の練習ではAチームが負けました。今の分け方でやってるとだいたいが10点差以内の点差でゲームが進む。戦う気持ちも出てきているし、プレッシャーも感じる。コートの外で言い合いも始まってきた。「今日も勝ちましたよ!」「リーダーの来るタイミングわかりますよ」「まもさんは別にディフェンスうまいってわけじゃねーだろ」こういうのを本人の前で言うのがいい感じ。お互いに若干イラッとするような、そんなのがとてもいい感じ。そこで生まれたエネルギーは次の練習まで取っておいて、コートの上で発揮すればいい。

ガッツポーズみっち

一つ思ったこと。文句ばかり言っても何も始まらないということ。「まだうつな」とか「うつのはえーよ」とか。そういうこと言ってもどうしようもないよなと。自分としてはシュートをうつタイミングは良く考えなければいけないけど、自分以外の誰かに対してそういうことを言っても仕方が無いというか、もちろん言う意味はあるから言ってもいいんだけど、他にも自分ができることがあるんじゃないかなと思ったね。変なタイミングでシュートを打つ前にボールをもらいに行ってあげるとかね。パスのタイミングが悪かったりするときも同じ。もちろんパサーは良いタイミングでパスができるように心がけなければいけないけど、レシーバーだってできることはあるんだよね。そう考えたほうが自分は上達できるよなー。

それと動画を見るとわかるけど、ミスがものすごく多いんだよね。ミスしないプレーができるようにしていこう。すごいプレーはいらない。ミスしない堅実なプレーを心がけたい。

あとはしおりに色々教えてあげようぜ。チーム全員の力で実力を引き上げるっていう感じにしたい。みんなが教えればその分しおりが上達する。しおりがうまくなればゲームがもっと楽しくなる。そうすると自分が楽しくなる。お互いにメリットあるよね。

しかも人に教えるってことは自分が上達するきっかけにもなる。だから積極的に指導してみてください。どんなに基礎的なことでも、しおりにとっては新鮮なはず。「たいしたこと教えられないし・・」なんて思う必要はない。その「たいしたことじゃないこと」がしおりにとっては重要なことなのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ