考えるのはコートの外で

日曜の練習ではイセに考えすぎるなということを話した。能力はあるんだ。でも周りにあーだこーだ言われて自身が無くなってしまっている。早めにパスしなきゃ。自分でいくんじゃなくてパスをまわさなきゃ。そんなふうに考えている。

そういうふうに考えること自体は別に悪いことじゃない。反省するって大事だし。でも迷いながらプレーするのはダメだ。考えるのはコートの上でじゃなくて、コートの外で。コートの上ではもっと直感的なプレーができなければダメだ。コートの上で考えるとディフェンスに準備する時間を与えることになる。迷ったらシュートが落ちる。

コートの外で考えてきて、それをコートの上で表現する。そういうふうにならないとダメだよね。特に我々はごく限られた練習時間の中でうまくなろうとしているんだから。

体育館とリング

日曜のBチームのプレーを見ていて思ったこと。

最初のパスの次のパスがつながらない。パスをつなげる人がいない。レシーバーの動くタイミングが遅い。最初のレシーバーがパスを受ける前から次のレシーバーはパスを受ける準備をしておかなければいけない。それが遅くなるからパスが回ってもディフェンスがずれない。

リングに遠い位置でのプレーが多い。リングに近い位置でのボール保持、リングに近い位置を経由してのパス回しがない。これはAにも言えるけど。

山なりのパスが多い。山なりのパスは絶対にしないようにしなければいけない。基本的にパスが弱いってのもある。

前回の記事にも書いたけど、シュートをうたせるパスができる人がいない。実はこれはAにとっても切実な問題。シュートをうたせるパスができないとプレーがつながらない。次々とパスが回らない。シュートをうたせるパスというのはどういうパスなのか。パスを受けるだけじゃなくて自分がそういうパスをするためにはどうすればいいのか。現時点でAチームに入っている選手もこの部分を考えてみてほしい。

前回の練習動画がメンバー専用ページでダウンロードできます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ