どこに差があるのか

最近Bチームの成長がHORNETの成長につながると確信しています。AチームとBチームの差は何なのか。Bチームの人たちはそれを考えなければいけない。技術の差だけではないよね。

しおりとみっち

バスケットに対する考え方がしっかりしているか。どういう攻め方をして、どういう守り方をして、というのが自分の中にあるかどうか。それは別にどういう内容だっていい。最後まで貫ける自分なりのバスケットボールの考え方があるかどうか。そういうのが大切かな。

あと、そういうのをなんとなく持っていたとしても、その考えと実際に起こっていることのギャップが大きい場合が多い。言ってることは正しい。でも、実際はそこよりももっと別なところに問題がある。みたいに感じることが多々ある。

これは見極めることができていないってことだ。見るところが違うというか。こういうのは自分よりバスケの理解が深い人と話したりしながら感覚を磨いていくしかない。

積極的に「話」をしたほうがいい。火曜はチノさんがいい感じで声を出していたから、他の人も同調してほしいな。人の話を聞いているだけじゃなくて、自分でいろいろ言うことが大事だよ。それが間違ってたって別にいい。何も言わないより全然マシ。

技術の差はもちろんある。でもそこよりも「何を考えてプレーしているか」というところに大きな差があるような気がするな。

スポンサーリンク

2 Responses to “どこに差があるのか”

  1. KenT より:

    先日は、噂どおり(?笑)対戦でしたね!
    内容で完敗でした。あのメンバーはみんな自分勝手なやつばっかで…
    来年からはサークルから離れて
    もっと頭の使えるやつらとやりたいものです。

  2. チノ より:

    俺が思うAとBの差って柱(キープレーヤー)の不在。

    某試合のときみたいに、その人が絶不調で抜けたら回らないっていうような
    人がいない気が・・。
    だからBの誰もが柱になれる可能性はあると思うんだけど。。

    イメージと実際のプレイのギャップを理解するのって多分、自分の
    ビデオ見るのが一番じゃないかな。

    やべーって気付くと、考えますもん。

    人ってわりと自分大好きだから、見始めたらきりないかも知れませんが・・。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ