誰よりも練習している

ここ2回の練習。
周りに遠慮することをやめた。
前々回は悲惨だったけど、前回の練習ではかなり精度が上がった。
こうやったほうが強いと思うから。
こうやらないと戦えないと思うから。
異論があるならぜひ聞かせてほしい。
いや、異論はあってほしいんだけど。
「うまくなりたい」とみんなは言う。
でもうまくなるために何かしてるのか。
いつもやってる練習だけではうまくなれない。
必要なのは個人的な練習。
チーム練習よりもそっちのほうが大事。
なんでそこに気づかないのか。
なんで何度も言ってるのに誰もやらないのか。
ヒントはたくさん与えている。
与えているというのは偉そうだけど、できるだけたくさんのことを教えるようにしている。
チーム練習は個人練習の成果を試す場。
そういう考えができなければ、今よりも上達することはない。
私は以前の自分とは比べ物にならないほど上達した。
チーム内の誰よりも上達した。
それは誰よりも練習しているから。
誰よりも考えているから。
練習はボールがなくてもリングがなくてもできる。
差が広がっているということに気づいていないのか。
それとも気づいているけど何もしないのか。
上手ではない人は上手な人よりもたくさん練習しなければいけない。
私はかなり上達したけれど、とても十分だなんて思えないからもっと練習する。
下手な人は上手な人の何倍も練習しなければ追いつけない。
こういうことを言うと「時間がない」「忙しい」という言葉が出てくる。
時間は作るものだ、なんてことは言わない。
本当に忙しいだろうとは思うから。
でも、一つ聞きたい。
「じゃあいつ上達するのか」
普段工夫しながら練習しているのか。
何をすべきか考えているのか。
前回練習に参加してくれたゲスト。
あいつはゲームの合間のわずかな時間、常にボールをいじってた。
シュートをうっていた。
他の人はどうだったろうか。
あいつのほうが断然うまいのに、あいつのほうが練習してた。
差は広がることはあってもうまることはない。
3ヶ月と比べて、何か一つでも新しくできるようになったプレーがあるだろうか。
何も変わっていない。
上達していない。
これが現実。
もうすぐ試合が近いので、こんなことを書いてみました。
全員が試合までに今より少しでも上達できるといいな。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ