自分のプレーに変化を与える

今、練習で意識的に「普段やらないこと」を練習しています。
私のポストプレーだったり、べんぞうさんのガードだったり。
みんなまだヘタクソですが、練習していけば確実にプラスにはなるはずです。
しばらく続けたいです。

スポンサーリンク

普段ボール運びなどほとんどやることのないべんぞうさんに、
ガードをやってもらいました。
不慣れなポジションで苦戦していた感はありましたが、
いい練習ができていたんじゃないかなと思います。

他の人も普段やらないことに挑戦してほしいです。
ポジションだけじゃなくて。
できるだけドリブルをつかずにプレーするとか。
普段あんまりうたないスリーポイントをうってみるとか。
前からディフェンスについてみるとか。
いつもはあけている距離をつめてみるとか。
いつもは接触をさけているけど、体をぶつけてみるとか。
自分のプレーに変化を与えようとしないとうまくならないと思います。
経験者は特に、長年のプレーが体に染み付いてしまっていますからね。

スポンサーリンク

今まで見られることがなかったプレーが見られると、震えるほど嬉しいです。
峠がロングパスをカットできるようになると、きっと震えます。
ばちんがジャンプシュートを完璧に身に着けると、きっと震えます。
まもさんがスリーポイントを高確率で決められるようになると、きっと震えます。
ガルシアがダンクできるようになると、きっと震えます。
頑張っていきましょー。

スポンサーリンク

One Response to “自分のプレーに変化を与える”

  1. 峠 攻太郎 より:

    いつもやるとか言っててできてなくて本当にすみません。。
    やっぱり意識がまだまだなんだと思います。。
    いつもリーダーにディフェンスの時「離しすぎ!」とか「手出すな!」と注意され続けてもう一年くらいは経ってると思います。。
    ぶっちゃけ練習でできないことは試合では絶対にできる訳ないと思うので、普段の練習をいかに真剣にやるかだと思うので試合までもうすぐなので少しでも治せれば言いと思いいます!
    話は変わるんですが、今日まもさんとタケハラとで体力づくり?の名目でとあるバスケサークルに行ってきたんですが、あまりにもしょぼ過ぎました。。。僕が言うくらいなんでよっぽどだと思いましたもう二度と行かないです。。でもまもさんは女の子はかわいいといってました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ