ドリブル練習をしよう

どうも、リーダーです。今朝の気温5度だって。寒いわけです。そろそろ軍手の季節。軍手でドリブル練習をしよう。

タイガのドリブルと他の人のドリブルは何が違うのか。昨日一つヒントを見つけたような気がします。「ボールを見ないでドリブルをつく」。ドリブルの基礎中の基礎ですが、この質かなと。みんな視野の下のほうで上がってくるボールを見ながらドリブルをついてるんだよね。クロスオーバーする時なんかは特に。まず視野の下のほうにまでボールが上がってくるのが良くない(もっと低いドリブルがつけたほうがいい)し、前や上(リング)を見ることができないから動き出しや動作そのものが遅れたり、シュート精度が悪かったり。

その点タイガはボールを視野のはしっこで見てなくても鋭いクロスオーバーができる。だからディフェンスのタイミングを外してドリブルがつける。ディフェンスはオフェンスのリズムに合わせて自分の体を動かそうとしているから、ディフェンスの予測とは違うリズムでドリブルをつくことができると崩しやすい。動きの速さだけじゃなくてこういうところが他の人と違うかなと思いました。

動きが速くない場合はせめてボールを自在に扱えなければいけない。もっと練習しよう。

練習開始

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ