パスミスが多いと試合にならない

どうも、リーダーです。練習でも試合でもパスミスが非常に多いと感じます。先日の県選手権なんかはパスミスが勝負に大きな影響を与えていたと思うし、昨日の練習を見ても残念なパスミスが多すぎます。おかげでバスケの駆け引きじゃない部分で勝負が決まってしまう。あれじゃーただのタマアソビです。

パスのバリエーションが無い。勢いまかせの動きでパスを出している。ディフェンスを見ていない。重心が浮き上がってしまっている。パスミスをしてしまう原因はいろいろあって、人それぞれです。自分がパスミスしてしまった場面を何度も動画で見返して、その時どう動いていた(どう動作していた)のか、何を見ていたのか、何を考えていたのか、どう動かなければ(どういう動作をしなければ)いけなかったのか、何を見ていなければいけなかったのか、何を考えていなければいけなかったのか、をよく考えて、改善されたプレイをしっかりイメージする必要があります。タイガだったらどうしていたか、じょーだったらどうしていたか、ということを考えるのもいいでしょう。いろんなパスを練習してみるのもいいでしょう。なんでもいいです。改善のために何か行動してください。

昨日はヤマザキが非常にいいパスを出していました。今まで浮いてしまったり弱くなってしまったりしていたような場面でも力強く鋭いパスが出せていたし、フロアの状況もよく見えていたように思います。タイガのプレイもかなり力強くなってきました。「練習からディフェンスをしっかりしないとダメだ」。有言実行とはあのことです。二人共しっかり個人技術が向上しています。周りも置いていかれないように、もっと高いレベルを意識して練習していきましょう。

タイガ、ヤマザキ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ