パスミスを無くすヒント1

どうも、リーダーです。パスミスがまだまだ多いですね。単純にチェストパスがおっせーからパスミスが多くなるんです。パスがレシーバーに届くまでの間にディフェンスが間に合ってしまうというのは簡単にイメージしやすいですね。その他に、「早い段階で判断を切り上げなければいけない」というのも大きな原因です。

レシーバーに届くのに時間がかかる→早く投げなければ→もう少し待てればフロアの状況からディフェンスにカットされてしまうことがわかるのにそのタイミングまで待てずに投げてしまう→投げてから「あー!!」→ターンオーバー。何度かここでも書いてますね。

チェストパスが遅いと片手でパスを投げようとします。これがミスになっていることが非常に多いです。「片手のパスはダメだ」と散々言ってもやめられません。なぜならチェストパスが遅いから。どうしても片手で投げたくなってしまう。これもチェストパスの速さを向上させることで改善できます。

「パスを速くする」と言うと力でどうにかしようとしてしまいがちですが、力を入れればパスが速くなるというわけではありません。力を入れたことで自分の動作が遅くなってしまっていたら、パススピードはむしろ遅くなります。しかも力を入れた動作は自分の体が感じる反動が強いので、強いパスを出していると感じてしまいがち。実際は思うほど速いパスを投げることはできていません。本当に速いパスを投げた時は体が感じる反動が小さく、軽くボールが飛んでいきます。

続く。

アベッチのパス

スポンサーリンク

2 Responses to “パスミスを無くすヒント1”

  1. より:

    こういう記事久し振りだね!!

    続きを楽しみにしている一人です( ̄ー ̄)!!

    • リーダー より:

      >べんぞうさん
      最近こういう記事書いてなかったので、
      久しぶりに書いてみました!
      今週はこんな記事が続きます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ