ドライブの練習でボールハンドリングが上達

どうも、リーダーです。突き指してしまい指が痛いです。下手な証拠です。練習しなければ。

先週の水曜日はナインvsフリーランスの練習試合を見に行ってきました。同じく来ていたWARAちゃんと一緒に審判をしましたが、空き時間でドリブルの練習もしました。じょーとタイガがよくやっているドリブルのコツを発見。軍手をはめながら練習してなかったら気づけなかった。軍手はやっぱりいいぜ。

試合を見ても、ボールハンドリング技術が動きに大きな影響を与えるなと再確認しました。例えばいそっちなんかは動きがめちゃくちゃ速いんです。瞬間的な動きなら男並みの速さです。でも、ボールハンドリング技術が未熟で動きがかなり制限されている印象があります。「ディフェンスが得意」ってことになってるのもそのせいですね。ディフェンスならボールを扱わないから、人より速いそのスピードが最大限に活かされるわけです。

みっちも少し前まではほぼ同じような状況でしたが、最近は少しずつドリブルができるようになってきています。ドライブで攻める場面も多いですよね。

そうなるためには「ドライブの練習」をする必要があるわけです。「ボールハンドリング」の練習ではなく、「ドライブの練習」をするからドライブができるようになる。ドライブの練習の中でボールをしっかりコントロールできるように練習していく。そういう練習をしていくことでボールハンドリング技術が向上していきます。(動きながら練習するってのが大事)

ボールハンドリングの練習メニューをこなすのもいいんですが、実際に試合に使う動きを練習する中で技術を高めていくほうが、我々のような環境でバスケをしている者にとってはより効率的と言えるかもしれませんね。もちろん時間が取れるならボールハンドリングの練習もしたほうがいいに決まってるけど。

タイガの変な姿勢

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ