ドリブルの根拠

どうも、リーダーです。昨日は思ったよりも雪がボサボサと降ってきたので慌ててタイヤ交換しました。車庫の2階にはしごで登ってタイヤを一つずつ下ろす。雪の中びちょびちょになりながら交換。再びタイヤを車庫へ・・。1時間半もかかってしまいました。面倒くさがらず金曜日にやっておけばよかったです。

金曜の練習にはマリオとソンが来てくれました(ちなみにヤマザキはマリオが来ると、強敵を前にした悟空のように興奮します)。二人共さすがのプレイ。HORNETのレベルだとやりたい放題という感じです。スピード自体は変わらないというかむしろヤマザキとかのほうが速いと思うけど、力強さがぜんぜん違う。1歩1歩の安定感がまるで違う。そしてバスケのうまさも違う。見るたびに発見があります。しかしやりたい放題やられ続けるのも悔しい!彼らを止められるように練習していこう!

そんなマリオと練習後にした話で、深く共感できるものがありました。「ドリブルに根拠を求める」という話です。そのドリブルに意味はあるのか?他人に説明して納得させられるだけの意味がないドリブルはするな!って話です。実は私も同じようなことを考えていて、すでに下書きをしていました。近々公開しようと思います。

さて、今日の体育館は寒くなりそうです。早めに行ってしっかりアップしよう!速報はこの記事のコメントで!

みさきちゃんのシュートフェイク

スポンサーリンク

2 Responses to “ドリブルの根拠”

  1. リーダー より:

    負け。勝てる試合だっただけに悔しい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ