トマのボールの持ち方

どうも、リーダーです。ある写真を発見しました。

空飛ぶ磯野1

拡大すると・・。

空飛ぶ磯野2

空飛ぶ磯野。キーンの飛行形態でしょうか。切なそうな表情してますね。やはりエネルギーの消費が半端ないのか・・。

最近トマはレイアップのステップを練習しているみたいです。このあいだ教えたステップの練習をしているのを目撃しました。実践で使うのはもう少し先かな。でも見た目は良い感じでした。あのままやってるうちにゲームの中でも使えるようになっていくでしょう。

レイアップのステップとは別に一つ気になるのがボールの持ち方です。県選手権前のなに水で「トマはボールを重そうに持っているな」と感じました。あんなに重そうに持ってたらすばやくボールを動かせないだろうと。

ボールは重そうに持つと重くなります。ボールの重さ自体は変わらないですが、自分の体が感じる重さというか、感覚が変わります。うまい人はボールを軽く持ってる感じしないですか?シュートやパスを見るとそれがわかります。軽く扱っていますよね。

重そうに持つと重くなる。ということは、軽そうに持てば軽くなるということです。軽そうに持とうとするとボールの持ち方は変わります。片手で扱おうとするようになるし(軽いなら片手で扱いますよね)、自然と芯を捉えようとします。力も抜けます。そういう状態で練習すると、ボールハンドリングが向上します(「使える技術」が身につきます)。抽象的で難しいと思いますが、挑戦してみるといいです。イメージの力が大事です。まぁそのへんはトマは得意でしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ