次のアクションを起こさせるパス

どうも、リーダーです。体幹トレーニングやったら膝の痛みがなくなりました。最高です。10秒姿勢をキープすることすらきついので、つらくなったらすぐやめていますが、それでも十分に効果アリ。階段がストレスなく登れるってすばらしいです。

取りやすいパスと取りにくいパス。いくどとなく取り上げているこの話題ですが、最近気がついたのは、取りにくいパスを出す人っていうのは「その場かぎり」だなってことです。その瞬間は見ています。でも、前後を見ていない。レシーバーがどういう動きをしてきたかとか、これからどういう動きをしようとしているのかとか、全然見て(考えて)ないんです。だからですね、レシーバーが来ると思っていないタイミングでパスをしてしまったり、レシーバーが次の動きをしにくいようなパスを出してしまうんです。

あとパス出したあとにすぐレシーバーから目を離す。パスを出すその瞬間だけで終わっていて、「次」がないから。

ディフェンスにプレッシャーをかけられたときなんかは特にそういうパスを出してしまいがちですね。

いいパスを出す人っていうのは、「次の動きを引き出すパス」「次の動きに移行しやすいパス」を出します。「次」を考えてパスを出しているので、パスを出したあとレシーバーの「次の動き」まで見ていることが多いですね。

OTKさんのパスのフォロースルー

「レシーバーに次のアクションを起こさせるパス」

そういうのを意識してみてください。今のパスはどうだったろうか?と一つ一つのパスを確認しながら練習できるといいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ