基本は引きつけてパス

どうも、リーダーです。前回の続きです。パスで攻める。基本は「引きつけてパス」です。では、どういう時にディフェンスは引きつけられるでしょうか。

ディフェンスが最も恐れているのはシュートです。なので、シュートが最もディフェンスの意識を引きつけることができます。ボールをキャッチしたらシュートをうつような動作をする。たったこれだけで、あなたはディフェンスの注目の的となることができます(笑)

パスばかりを狙っている選手にはディフェンスは引きつけられません。その場所からボールがすぐに別の場所に移動する可能性が高いからです。だからまずは自分でシュート。

しかし、パスを狙うことが悪いというわけではありません。そうせざるを得ない場合もあるでしょうし、その状態からでもズレを作ることができます。

パスを狙っているということがディフェンスにバレている場合は、むしろボールマンよりも他の場所に意識がうつりやすくなります。そういうときに、中の選手が面をとったり、シューターが外でボールを受けようとしたりすると、ディフェンスはそこに引きつけられます。

そして、中の選手が面を取ってディフェンスの意識がそこに向いた瞬間に外にパスを出す。すると一気にズレるわけです。外の選手がボールを受ける姿勢を作ってそこに意識が向いた時に中にパス。一気にチャンスになります。

という感じでですね、パスを考えるといいです。

続く。

タイガのドライブ

スポンサーリンク

2 Responses to “基本は引きつけてパス”

  1. 冷蔵庫TG より:

    冷蔵庫でも分かりやすい説明でした。

    冷気でディフェンスを遠ざけてボールをもらう☆

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ