パス回して簡単に攻めればいいんじゃね

どうも、リーダーです。先週水曜日の雷はすごかったですね。あんなに連続的に光っているのは初めて見ました。空がライトアップされたみたいだったもんね。空にシュワシュワって雷が広がっていくのとかも初めて見た。

そんな雷のせいでうちは一瞬停電。当然パソコンもシャットダウン。それまで書きためていた記事の原稿が消えてしまったという・・。ブログを書いてるあなたならわかるはずです。長文を書き終えていたのにそれが消えてしまったときのやる気のなくなりっぷり。カップ焼きそばのお湯を捨てるときに麺まで一緒に捨ててしまう。あの時もなかなかヤル気なくなりますが、それとは比になりません。カップ焼きそばは戻せば食べれますからね。消えた記事は戻ってこないです。

前置きが長くなりすぎました。今日はパスの話です。

ある日の練習が終わった時「パス回して簡単に攻めればいいんじゃね」と番Bが言っていました。私も同感。たぶんみんなそれはわかっていると思う。でもできない。たしかこのとき3つくらいできない理由を上げたと思います。

1.まず狙っていない
2.スクリーンとかもない
3.パスを出す前にパスを出すことがバレている

たぶんそのとき話したのはこの3つ。

1.まず狙っていない

パスで攻めるというのがどういうことか、イメージができていないのではないかと思います。今は一人の選手がコートを広く使ってそこで1対1をしています。でもパスで攻める場合は、一人の選手が大きくコートを使わなくて、その場で勝負しつつ他の場所でズレを作って鋭いパス、または意表をつくパスで崩すような感じです。

例えばポストにボールが入ったなら、そこで1対1をしてはいるんだけど、コートを大きく使うような1対1はせずにディフェンスとその場で駆け引きをしつつ、他のディフェンスが徐々に寄ってくるのを待ったり、意識が自分や他のどこかに向くのを待ったりして、そこから一気にパスをさばくみたいな感じ。そういうプレーで一箇所目のズレができたらそれに合わせて他のポジションが一斉に動き出してズレを大きくする。そんなイメージ。

それと、ディフェンスの様子が見えていないっていうのも問題です。例えばディフェンスが全然見ていないからその隙を狙ってパスを出してやろうみたいな、そういうのが無いんです。

練習動画をダウンロードしてる人は6348の0:23を見てください。番Bがゴール下のミトにパスを出しています。これはディフェンスが自分から目を離している(ボールを見ていない)ことを確認して、その隙を逃さずパスを出しているわけです。こういうのがほしい。目が悪いとこれができないよイセ。

2.スクリーンとかもない

基本的にドリブルで攻めようとしているのでスクリーンがあまりありません。なんちゃってスクリーンは多いけど、かけ方が中途半端で引っかからない。角度が悪いことも多い。ドリブル無しの練習をしたほうがよさそうです。

3.パスを出す前にパスを出すことがバレている

たぶん、これが最も大きな問題です。パス動作のモーションが大きすぎて、パスを出す前にパスの方向やタイミングがディフェンスにバレてしまっています。だからパスする前からディフェンスに反応されて、パスがレシーバーに届く頃には大きなズレができていなくなっています。

例えば1で例に上げた番Bのパスは、予備動作が殆ど無く、素早くパスを押し出すことができています。しかし多くの人は一端引き寄せる動作をしたり体を大きく沈めたりしないとパスが出せません。そうすると相手にバレるわけです。

ばれないパスを出すことができるようになれば、自然と「狙う」ようになってきます。なぜなら決まると気持ちいいからです。いいパスが通ると気持ちいい。気持ちいいことはほうっておいてもやろうとします。さらに「相手を騙す」とか「意表をつく」とか、そういう意識がもっと強くなれば、自然とパスモーションも小さくなってくるような気がします。

パス技術の向上。避けては通れないです。

続く。

タイガへのディフェンス

スポンサーリンク

2 Responses to “パス回して簡単に攻めればいいんじゃね”

  1. みんとてぃ より:

    ミニバス時代の教え子の母より

    朝から、カップやきそばのくだり・・・なつかしくて、
    泣き笑いしたわ〜
    シンクの生ゴミ受けに落ちたから、戻せないよ。

    はずしたパスもどうしようもなく戻せないね。

    みなさんの日々の努力(練習)は、何があっても残ります。

    がんばってください!!!

    • リーダー より:

      下手くそな我々はやっぱたくさん練習するしかないです。
      頑張ります!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ