ディフェンスの頭を越すパス

まだゲームの中でついついやってしまう。タイミングを外しただけの、ディフェンスの頭越しのパス。普段の練習の中では使えるけど、体が大きい相手には通用しなくなる。

普段の練習で通っているパスコースではパスが通らない。普段の練習では届かない位置に手が出てくるからパスが引っかかったりする。だからタイミングを外して体の近くを通すようにパスを出すのではなく、タイミングを外した上で手が届かない位置にパスを通さなければいけない。

こういうことをやるためには、今まで以上に「丁寧にプレーする」ことを心がけないといけない。適当にレシーバーの方向にパスを出すのではなくて、しっかり止まって、しっかり狙って、きちんと相手の手元にボールを届ける。

重心の低さが重要。変なパスをするときはたいてい下半身が伸びきって重心が浮き上がっている。低い重心を維持した状態でプレーできるようにしないといけない。

パスフェイクも必要。パスフェイクがうまく使えていない。パスフェイクは顔の向きや視線なんかも大切だから、もっと顔を動かさないと。

あとはなんといってもボールハンドリング技術だな。狙ったところに狙った瞬間にパスを出せる技術を身につけておかないといけない。

パスミス

スポンサーリンク

One Response to “ディフェンスの頭を越すパス”

  1. KG より:

    お疲れ様です!

    最近の動画を見ていて、自分のスクリーンのかけ方のほとんどが「ファールを吹かれてもおかしくないかけ方」をしていることに気づきました!

    スクリーンをセットして、いざディフェンスがぶつかる瞬間に、自分の体(特に上体)をぶつけに行っていたんですよね。
    これは、「自分のスクリーン一発で完全にズレを作ってやろう」という意識からの動きだと思います。

    「自分一発で」と考えるのではなくて、以前、リーダーさんが言っていたように、「少しずつズレを作る」ことを意識していれば、ああいうスクリーンのかけ方にはならないはずなので、次の練習から意識していきます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ