新しいボールは滑るけど・・・

どうも。体が動かないときは体が動かないなりの練習をしたいです。寒さには弱いです。でもやっぱり手の冷たさは前ほど気にならないんです。冷たいことは冷たいし、冷たくて動かないからシュートも微妙なんだけど、でも前に比べたら断然マシなんです。もう何回も同じこと言ってるけど、何度でも言いたくなるくらい大きな変化ですよ。

いずみのジャンプシュート

昨日はゲームで新しいボールを使しました。みんなすべってまともに扱えなかったです。ここでの考え方は2通りあります。

1.ボールがすべって使いづらい → 別のボールでやろう
2.ボールがすべって使いづらい → すべらないような扱い方を考えよう

さて、あなたはどっちの考え方をしますか?

トマのジャンプシュート

手のひらの大きさとかも関係してきますが、ボールが滑るっていうのは力入れすぎっていう原因もあります。めちゃくちゃ力を入れながらボールを扱ってたらめちゃくちゃすべりますよね。簡単に想像できると思います。でもボールに優しく触れてたら、それもやわらぐ。

あのボールは優しく扱わないと簡単に手からすり抜けていきます。あのボールを使うことは、ボールの扱い方の練習になるんです。ボールに優しく触れたほうが力が伝わりやすいというのは前言ったとおりです。

あとはボールの重心のとらえとかの練習にもなるかな。滑るから重心をしっかり抑えておかないと簡単にすっぽ抜ける。良い練習ができると思います。バッシュ脱いで靴下で練習すると床の捉え方の練習になるってのと同じ原理ね。

ボールが滑らなくなるまで時間はそれほどかからないです。今のうちにたくさんさわっておいたほうがいいですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ