焦点が近いとズレが大きくなる

前回の記事を書きながらまた新しいことに気がついてしまった。結構前に「ディフェンスがレシーバーの近くにいてもパスが出せるタイミングはある」みたいなことを書いたことがあると思うけど、なんでみんなそれができないのかがわかった。その理由は前回の記事で書いた「方向に向かってパスを出している」からだ。

相手の手元にボールを届ける。瞬間移動させる。そういう意識を持っていれば、例えレシーバーの近くにディフェンスがいたとしても、そのディフェンスが反応できないタイミングや意識を離しているタイミングを狙ってパスを通すことができる。瞬間的にパッと相手の手元にボールを移せるから。でも「方向に向かって投げている」人はそれができない。空中にフワフワとういている時間が長くなって、瞬間的に相手の手元にボールが移動しないから。

パスがそれてしまう場合も同じだ。方向に向かって投げているからズレが大きくなる。やばい。たった今すげーことに気づいた。見ているところが手前すぎるんだ。だから相手のところにいくまでにズレが大きくなる。

焦点が手前すぎるからずれる

見ているところまではわりと正確に届く。でも、そこから先はズレ幅が大きくなる。相手のいる「方向」を見ている人は、相手の手元に届く頃にはズレ幅が大きくなっている。手元を見ている人はズレ幅が少ない。

これはシュートにも同じことが言える。リングの「方向」を見ているのかリングそのものを見ているのか。結構前にじょーの言葉をかりて「シュートは集中力だ」という話をしたけど、これは気持ちを集中させるという意味ではなくて、「方向を見るのではなくリングそのものに集中するんだ」という意味。

自分が見ているところ。焦点。気をつけてみるといいかもしれない。

スポンサーリンク

2 Responses to “焦点が近いとズレが大きくなる”

  1. 肉離れぶりー より:

    そんな難しい問題っすかね?

    単にディフェンスが意識を外した瞬間に動き出すのと同じように、ボールに対する意識がふっと外れた瞬間にパスを出すだけのような気が・・・

    パスのずれについては、単純にパスの出だしのタイミングが遅いのと、自分の予測速度と相手の走る速さのずれだと思ってるんすけど。。自分では。

    • リーダー より:

      タイミングの話じゃないんですよ。止まっている相手に対してパスを出すときの精度の話です。まぁ走っている相手に対しても同じだけど。

      >パスのずれについては、単純にパスの出だしのタイミングが遅いのと、
      >自分の予測速度と相手の走る速さのずれだと思ってるんすけど。。自分では。

      こっちのほうが難しくないですか?(笑)「自分の予測速度」って言葉がありますが、これはたぶん走っている相手には「ちょっと前にパスを出す」みたいなことですよね。これが間違いなんです。それがまさに「方向」にパスを出しているってことで。空間に向かってボールをほうっているんですよね。そういうパスもあるけど、空中に浮いている時間が長いパスはリスクが高いです。うまい人ほどそういうパスを避けます(安易に出さない)。相手の手元に短時間で確実に届くパスを考えなければいけないです。

      「瞬間移動」なんですよ。その瞬間にボールが相手の手元に移動する。だから難しく「予測速度」とかは考えなくてもいい。瞬間的に相手の手元に届くから、その瞬間にその人がいるところにパスを出せばいいんです(もちろん相手が動いていれば若干の修正は必要です)。ランニングシュートみたいな距離のパスであれば、全部そういうパスでやらないとダメです。もし自分の技術が未熟で距離的に「瞬間移動」的なパスが出せないならば、プレーの確実性を考えてパスしないほうが無難です。

      この焦点の話は、単純に「パスの精度の低さ」について話しています。例えばノーブリーさんやビンスなんかは止まっているレシーバーの足元にパスしてしまうことがありますが、これは「方向」しか見ていないからです。レシーバーの「手元」を見ていればあんなに下にボールがいくことはないはずです。ディフェンスにプレッシャーをかけられて、顔が下がった状態で相手の手元が見れず、方向だけ確認してそこにパスを出している。見ているところ(焦点)にボールはいきます。下を向いていれば下にボールがとんでいきます。(ということはこの例の場合はバウンズパスを使えば相手の手元にボールが届かせることができる)

      他には、相手の手元を見ている人は、レシーバーの近くにディフェンスがいたとしても、相手にパスを通すことができるということも感じています。ちょっとでもディフェンスのタイミングを外せればパスが通せることをわかっている感じ。でも、相手の手元を見ずにその手前の部分を見ている人は、ディフェンスが近くにいるというだけでパスを出すことを諦めているようです。これは「ボールの瞬間移動」ができないことも原因の一つですが、それは相手の手元を見てそこに瞬間的にボールを届けるという意識が弱いからそうなっていると思います。

      「奥まで見えていない」んですよね。焦点が自分に近すぎる。うまい人ほど奥まで見ることができる(焦点を遠ざけることができる)。技術が未熟な人程、自分の近くの空間しか見れない(焦点を遠ざけることができない)。

      ちなみに手元を見たパスが普段からできているなと思うのはじょーくらいです。この間の木曜日は不十分ながらヤマザキもそういう感じのパスができていたかな。イセなんかも意識すればできるけど習慣づいていない感じ。みっちやイズミも比較的手元に近いかな。他はほとんど「方向」にしか出せてないですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ