パスはボールの瞬間移動

先日の練習でまたパスが速くなった感じがした。ボールが軽く扱える感じだった。筋トレは一切していないので、これは筋力向上によるものではなく、動くべき関節や筋肉がきちんと動いて、発揮できる力が大きくなったということだ。ゲームの中でも一ついいチェストパスの動作があった。うまい人がやってるみたいな体の動きとボールの動きを出せた。「この感じは・・!」と一人でこっそり興奮した。

他の人のプレーを見ても、最近は「パスを強くしようとしている」と感じることが多くなってきた。良い傾向だと思う。

パス、特にチェストパスを速くするために意識したほうがいいことが一つある。それは「パスはボールの瞬間移動」だということ。相手の方向に向かって投げるのがパスではない。相手の手元にボールを瞬間移動させるのがパスなんだ。直線的にパスが出せないときは仕方が無いけど、直線的にパスが出せるような場面ではこれを意識しないといけない。

「パスは走っている人よりも少し前に出す」みたいに言われることがある。まぁそれは正しいんだけど、少し前に出すというのは「レシーバーの前の空間にボールを放る」のではなくて、「レシーバーの手元に瞬時にボールを届ける」という感じでの「少し前に」でなければいけない。空中にほうったボールをレシーバーが取りに行くというパスもあるけど、直線的なチェストパスの場合は、「相手の手元にボールを瞬間移動させる」というパスでなければいけない。

最近、離れている相手(レシーバー)の手元にボールを押し付けるようなイメージでパスを出すと速いパスが出せることに気づいた(もともと気づいてはいたけど、最近やっとその感じを言葉で表現できるようになった)。パスは相手の「方向になげる」ものではない。相手の「手元に届ける」ものだ。

「方向」になげているうちは速いパスは出せるようにならない。相手の手元に届ける。ボールを瞬間移動させる。そういうパスが出せるように練習していくといいと思います。

パスキャッチの直前

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ