視野の広さ

前回の記事で書いた「ボールをキャッチした瞬間」を狙うプレー。そういうプレーをするためには「視野の広さ」が重要になってくる。自分がボールを持つ直前、自分以外の他の味方がボールを持つ直前にフロアの状況が把握できていなければいけないから。

視野が広い人は、文字通り「視野が広い」わけではない。タレ目の人は視野が広いなんていう面白いことを言っている人もいるが、視野の広さ(目に見える範囲)なんて個体差はそれほどないはずだ。

では、視野が広い人はなんでキャッチした瞬間にパスを出したり、パスする方向を見ないでパスしたりできるのか。それは「直前に見ているから」だ。自分がボールを持つ前からフロアの状況を確認している。だからパスを受けた瞬間にノーマークの選手にパスができる。直前に見ていてフロアの状況が把握できていれば、パスする瞬間は目を離していてもパスをすることができる。

「視野が狭い」と感じる人はこの「直前に見る」ということができない(見る頻度が低い)。自分がボールを持っていないときはボールのあるところばかりを見ていたりして、自分がボールを持つ前にフロアの状況を把握しようとしていない(これはたぶん「次のプレー」を意識していないからだ。次のプレーへの意識については別に記事にする)。それでボールをキャッチしてからパスするところを探している。だから、自分がボールをキャッチした瞬間にパスをしたり、ドリブルかシュートかを瞬時に判断することができない。

視野が広い人はフロアの状況を観察する頻度が高い。ボールを持っていないときにいろいろな場所に目をやることを意識してはどうか。

スクープショット

スポンサーリンク

2 Responses to “視野の広さ”

  1. NOぶりー@肉離れ中 より:

    視野が広いって言葉は基本的に間違っているというか、たぶんこのことを正しく表現してないんだと思う。だから、俺みたいなのは初めよく分からんのですよ。

    挙句の果てに、左右の目の端っこでみて視野を広げるなんて変な特訓を始めてしまうわけで(笑)

    持論だけど、上手い人は瞬時に対応するための選択肢を多く持っている。
    で、そのためには味方と相手の何人か(俺はとても人間が他の9人全員を把握できるとは到底思えないのであえてそう言わせてもらいますが)の動きを事前に把握したり予測したりしている。

    で、目の前に起こるべき事象に対して適切に対処しているのではないかと。

    もっと簡単に言えば、たぶん「見るべきところを見ている」ってただそれだけな気もする。で、へたな人は往々にして大体選択肢が一つか二つしかない上に、見るべきところもあんまり見(れ)てないのかなと。

    でもへたな人でもたまにいいパスとかする時ってのは、その数少ない選択肢がたまたまなのかなんなのか、「見るべきところ」だったということなんだろうと思う。

    あ、ボール持ってない時ってボールがあるところを見るんでなくて、ボールが来るところを見るといいんでないすか?

    PS.松葉杖が取れました。
    あと、最近トマネタはもう飽きた。しんきやけるんで他の人のネタにしてくんなせ。

    • リーダー より:

      イセがバスケできていない今、ネタにしやすいのがトマなのです。
      イセは23日(火)に復帰予定です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ