自分がやりたいドリブルを真似る

トマは私が教えたドリブルの技の練習をしている。ヤマザキはクロスオーバーの練習をしている。ノーブリーさんはこの前インサイドアウト系のドリブルの動きを練習していた。みんな自分がやりたいドリブルを、お手本の動きを見ながら練習している。ドリブル練習の原点ってこれだよね。

例えばその場で両足を前後に開いて何百回もドリブルをつき続ける練習とか。スラムダンクで桜木花道が最初の頃にやってた練習ね。ああいう練習は「ボールに慣れる」っていう意味では効果があると思うけど、あれをやっててもトマに教えた技も、ヤマザキがやってるクロスオーバーも、インサイドアウトもできるようにはならないんだよね。(それなのにその場ドリブルを練習してクロスオーバーを身につけようとしている人(←これは例えね)がなんと多いことか)

だいたい楽しくないから練習が続かないでしょう。ドリブル技術も伸び悩むだろうね。でも、自分がやりたいドリブルを真似しながら練習するっていうのだったら楽しいんだよね。そんで楽しいから続けられる。だから伸びる。ヤマザキなんてもうクロスオーバーかなりできてるからね。まだ練習始めてから2日目(練習2回)くらいなのに。楽しいから、やっぱり自然と練習するもんな。

初期段階ならドリブル基礎メニューみたいなものをこなす練習でもいいけど、一定ラインを超えたらうまい人のドリブルを真似して同じドリブルをつけるように練習するほうがドリブルの上達が早い。完コピを目指すんですよ。ただのドリブルの手順(ボールの動き)だけじゃなくて、ドリブルをついている雰囲気まで完全に真似る。姿勢とか目線とか足の動きとかそういうところまで。ものまねですよ。

ドリブル練習

ドリブルメニューをこなすよりも、「真似をする」練習をしたほうがハンドリング能力高まるよ。今日も私はものまねしながらドリブル練習します。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ