パスと味方の動きの予測

前回の続き。

一度Tノさんにパス出そうと思って、「この人はここで切り替えして戻ってくるだろう」と思って少し後方にパス出したら、そのまま合わずにOB・・・。ハイ、予測って難しいですね。

パスは予測で出すものじゃないです。その場で状況を判断してパスをパスを出すか否か、パスの方向、パスの種類を決定しなきゃいけないです。やってると予測でパスを出す場面も出てきますが、そういうパスはミスになることが多いです。たまに狙ってもいいけど、いつもは確実に通るパスをするようにしたほうがいい。

「ここで切り替えして戻ってくるだろうからここにパスを出そう」というのは危険。そういう不確定な予測でにしたがってパスを出す方向を決めてしまってはいけません。「ここで切り替えして戻ってきた、だからここにパスを出す」という感じにならなければいけない。

エビパス

もちろん味方の動きは予測しておきます。でも、その予測はパスを出すところを決定するためには使ってはいけません。じゃーなんのために予測するのかと言ったら、パスを出すところを決定した「あとの動作」を早めるためです。

予想外のことが起こってそれに対応するのと、あらかじめ起こることを予測しておいてそれに対応するの。後者のほうが素早い対応ができますよね。そのための予測です。すぐにパスが出せるように、いくつかのパターンを予測しておくわけです。

あぁ、これはかなり大事だな。予測は「動作を決める」ために使うのではない。「動作を早める」ために使う。パスだけじゃなくて他の場面でも同じことが言えると思います。

スポンサーリンク

2 Responses to “パスと味方の動きの予測”

  1. のーぶりー@復帰済み より:

    多分俺の書き方にも問題があるんだろうけど、一番やりたいのは「導くパス」っていうか、味方をそこに誘導させるようなパスなんすよね。

    で、その為には先へ先へ出すような感じにしたいんだが、まぁ、それも出来んてないわけで。

    本来ならこういうパスってのはアイコンタクトして、お互い同意の上で出すってのが定石なんでしょうな。

    「あの人は勘のいい人だから気がつくだろう」じゃ駄目なわけだ。

    うーん。「動作を早める」という目的に対する手段として「予測」があるということ?
    では、「動作を決める」という目的に対する手段は何なのか?

    なんかこれは禅問答みたいだな。

    • リーダー より:

      パスで選手の動きをコントロールすることは可能です。速攻のときに選手の前のほうに長いパス(リードパス・導くパス)を出して走らせる、中距離でもスペースにボールを投げておいかけさせる、細かいパスを強制的にキャッチさせて動きを制限させつつコントロールする。いろいろ方法はあります。味方が「パスがこない」と思っているような場合でも、こっちが一方的にパスを出して動きをコントロールすることもできる。パスを出すことによって「ここに動け」と導くこともできる。でも、それはかなり高度な技術です。スペースにほうるパスはディフェンスにも反応されやすいし(ディフェンスもスペースにパスが出ることはわかっている)。

      だから、基本的には、「受け取る準備ができている」ところにパスを出さなければいけないです。そのためには味方選手の状態だけでなく、その時のコートの状況を考えなければいけません。「動きを決める」という目的に対する手段をあげるなら、それは「状況判断」です。フロアの状態が「明らかにパスが通らないような状況」になっていれば、味方はパスを受ける準備をしません。そこに投げたらミスになります。

      あの場面のパスミスは、まず味方が走っている方向とは逆方向に向かってパスを投げている、投げたその先にスペースがない(狭い)、味方が特にディフェンスをふりきれるような感じではない→味方はパスを受ける準備をしてはいないなど、フロアの状況が「長いパスを出せる状況」ではなかったです。私は後ろから見ていましたが、味方選手の位置やディフェンスの状態を考えても、どちらかのサイドにパスを出すべきだったと思います。チノさんにパスを出すとしてもチノさんの走っていくさらにその「先」にパスを出すか。

      アイコンタクトじゃないんですよ。もちろんお互いの意思疎通は必要ですが、でもそれは単にアイコンタクトすることで成されるのではなくて、お互いに今の「状況を判断して狙いどころを共有する」ことで成されるものです。これができないと「動きが咬み合わない」「周りの動きから浮いてしまう」ということになるわけです。

      これは身につけるには時間がかかります。頭で考えて、実行して、の繰り返しをたくさんしなければいけません。フロアの状況をよく観察することはもちろん、この場面ではどこを狙うのかとかそういうところに注目して他の人のプレーを見たりすると、状況判断の感覚が養われるかもしれないですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ