ドリブルはリスキーな行為

簡単にドリブルをつきすぎている。そしてたくさんドリブルをつきすぎている。無駄なドリブルは減らしていかなければ駄目だ。特にハーフコートオフェンスにおいては、ドリブルをつけばつくほど、良いバスケットからは遠ざかる。

ドリブルをついているあいだはボールがすばやく移動しなくなる。ディフェンスにとってはこれほど守りやすい状況はない。1対1で守ればいいんだから。パスで揺さぶられるとやっかいだけど、ドリブルからの1対1なら簡単だ。ドリブルをたくさんついてドリブルの1対1で攻めるというのは、ディフェンスにとって守りやすいオフェンスをしているということになる。

背の低い我々は横のズレをいかにつくるかに焦点を当ててプレーしなければいけないのだから、ドリブルをついている暇なんかない。「ボールのすばやい移動」を使ってズレを作らなきゃいけない。そしてドリブルをつかずに即シュートをうたなきゃいけない。

べんぞうドリブル

あと、ドリブルっていうのはリスキーな行為なんだということも自覚した方がいい。まず取られやすくなる。安心してドリブルキープをまかせられる選手は現時点ではほとんどいない。普段の練習でキープできていても、試合でそのドリブルは通用しない。

そしてキープできなくてすぐにボールを持ってしまったら、もうその場から動けなくなる。動けなくなるっていうのはかなりヤバい。「自分がその場から移動する」という選択肢は最後の最後まで取っておくべきだ。困ったときの「ドリブル」なんだよね。切り札みたいな。でもみんな先に切り札使ってあとで何もできなくなって困ってる。ドンマイ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ