ドリブルの高さとパスの早さの関係

ドリブルが低すぎるとパスがすぐに出せない。ということにチノさんのプレーを見ていて気がついた。チノさんはドリブルが低い。だからドリブルをキャッチしてからパスするまでに時間がかかる。

ドリブルが胸まであがってくればキャッチしてすぐにチェストパスが出せる。上がってきたボールをそのまま押すだけでパスが出せる。だけどチノさんのドリブルは上まで上がってこないから持ち上げてからパスを出さなきゃいけない。持ち上げるために腕を動かして、それから押し出すから時間がかかるし強いパスが出せなくなる。二段階の動き。

チノドリブル

チノさんはわりとドリブルチェンジをミスるけど、あれもドリブルが低すぎるからミスになるんだよね。上までボールが上がってこなくて手でつかめない。縦に強くドリブルをつかないと。

チノさん以外だとビンスなんかも低すぎるドリブルをついている。だからキャッチしてすぐパスが出せない。あとはべんぞうさんのドリブルもパスが出せるドリブルじゃないように感じる。手のこね方を見ていると。チノさんのドリブルも手のこね方に問題があるな。こねすぎないほうがいいね。

低いドリブルはできなければいけないけど、それは瞬間的にそういうドリブルをつくのであって、いつも(ボールキープ時)は胸まで上がってくる高いドリブル(強いドリブル)をついてなきゃいけない。そうじゃないとすぐパスできないから。すぐにチェストパスが出せる高さを意識するといいかもしれない。

スポンサーリンク

2 Responses to “ドリブルの高さとパスの早さの関係”

  1. チノ より:

    自分のドリブルは高いと思ってましたー。
    姿勢は沈むけど、ドリブルは低くなってないみたいな。
    弱いのは確かにそのとーりです。

    あとコネ方ね。考えてもなかったわ。

    ありがとーございます。

    • リーダー より:

      いやー、全然高くないですよ。ボールが一瞬で胸まで戻ってくるようなドリブルがつけると良くなると思います。腕の力だけじゃなくて、走るリズムに合わせてつくことが大事かもしんないです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ