すばやいパス回しではなく、ズレを作るパス回し

ゾーンディフェンスを攻めるにあたって大切なのが、ズレをつくるパス回し。まぁ相手がマンツーマンでも同じですけど。この間べんぞうさんには少し話したんだけど、他にもできていない人だらけだと思うので書いてみましょう。

私は「パスが遅い」みたいなことを言うことがありますが、だからといってただ早くパスを回せばいい、パスを回すタイミングを早くすればいいということにはなりません。大切なのは「ディフェンスの動きとのギャップ」です。いくら早くパス回しをしていたとしても、ディフェンスとの動きにギャップができなければあまり意味がありません。

例えば、相手のゾーンディフェンスの動きが極端に遅い場合。そういう時っていうのは、こっちがいくら素早く回してもディフェンスは素早いパスに反応しきれないのでずっと同じところにいて動かないことになります。そうなるとパスを回しても大きなズレができないわけです。そういうときは、パスを出すタイミングを遅らせるなどしてディフェンスが寄ってくるのを待ったりする必要があるわけです。

止まってよく見る

一番ズレが大きくなるのは、ディフェンスがオフェンスによっていく動きと逆の動きをボールがするときです。ボールマンにディフェンスが寄っていく。その瞬間にディフェンスが寄っていく方向と逆方向にパス。するとディフェンスは慌ててボールの方向に視線を向けます。これが「ディフェンスがボールを追いかける」形です。

寄ってきたらその瞬間にパス。ディフェンスの意識が他のところに向いた瞬間にパス。そういうことができていないんだよなーと思うわけです。寄ってきて、止められて、パスするところを探して、そして逃げのパス、ということをやっている人はたくさんいますけど。ディフェンス動きが見えていないです。味方のことしか見ていない。だから良いパスにならないんです。これはパスだけじゃなくて他のプレーにも通じている部分がありますよね。

もちろん早いタイミングでのパスができる必要もあります。私が「遅い」というのも、その場面ではパスのタイミングが遅くてディフェンスがズレるタイミングを逃しているからそう言っているわけですから。ディフェンスのことをよく見たパスができるようになるといいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ