丁寧じゃないパス

昨日の練習は人数がかなり多くなった。全員で17人。こんなに集まったのは久しぶりだ。ナンバーナインからITAさんも参加。ゲームではシュートを決めまくっていた。動き速いよね。

ランニングシュートをやったあとスリーメンをやってみたら、下手すぎてびっくりした。特にパスがひどい。弱い、遅い。強くても一方的でいわゆる「愛のないパス」になっている。

ワンハンドプッシュパス

ゲームでもパスのミスが目立つ。ミスにつながっているパスのほとんどが「片手でのパス」だ(ワンハンドプッシュパスになっているものも含まれる)。もう何度も言ってきているのになんでやり続けるのか。たぶん片手のパスをしている人たちは「片手のパスをやっている」という感覚はないだろう。動画で確認してみ。思った以上に片手のパスしてるから。なぜ片手のパスになってしまうのか。そこを考えないと改善はできない。

パスミスが少ない選手はチェストパスを多用していることに気づいてほしい。相手のところにきちんとボールが届くように、両手でしっかり送り出しているというところを見てほしい。片手だとキャンセルできないとかそういう話じゃない。適当にパスを投げてるってことなんだよ。丁寧じゃない。思いやりがない。愛がない。

なんか「責任の丸投げ」みたいな感じがするんだよね。自分の手からボールが離れたらもう自分には責任がないみたいなさ。だから「取ってくれよ」っていう気持ちが出てくるでしょ。実際にコート上ではそういう言葉も聞かれるしね。それが違うんだよ。相手が取るまで自分に責任があるんだよ。相手が受け取って初めて「パス」になるんだから。

「取ってくれよ」じゃないんだよ。「取れないパス出してゴメン」だよ。「キャッチできないほうが悪い」のではなくて、「キャッチさせてあげられなかった俺が悪い」ってことなんだよ。レシーバーにキャッチの技術を求めるようなパスはパスじゃない。そういうのは一方的にボールを投げているだけだよ。

あ、もちろんこれはパスを出す人がそう考えることであって、取れなかった人は自分が取らなきゃいけなかったって思ってほしいけどね。

罪悪感にかられて日々を疎かにしないでください。不謹慎という言葉を恐れて人を笑顔にするのを忘れないでください。どんな仕事であれいつもと同じ事を淡々と続ける事が日本の力になります。

為末大さんのツイッターから。自分のできることをしながら、いつもどおり元気にいきましょう。我々が暗くなってても意味ないもんね。

スポンサーリンク

4 Responses to “丁寧じゃないパス”

  1. より:

    あぁ、耳がいてぇ(*_*)

    昨日の出来事。

    練習中、イセがプレーについての意見をくれました。

    意表を突かれすぎて一瞬イラッときましたが(笑)、冷静になるとありがたいことです。

    実際言われた通りだった。

    これからもどんどん教えてほしいです。

    試合に勝ちたいからね!

    • リーダー より:

      イセは秘めているものが多いので、もっと聞き出しましょう。
      そのほうが絶対にいい方向に向かうと思う。

  2. 先日は練習参加させていただいてありがとうございました。
    久々のスリーメンも楽しかった~!
    仕事が落ちつたら又参加させていただきます!!!

    ※スリーメンの時、リバウンドやパスをもらう前に、もう2人の走るスピードや位置関係を意識してみては。もう少し愛のあるパスができるのでは!

    • リーダー より:

      先日はありがとうございました。
      人数が多くてプレータイムが減ってしまってすみませんでした。
      またぜひいらしてください!
      そして下手なやつら(トマとかトマとか、あとトマとか)に愛の指導を!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ